体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【年末企画】2012年に気になったスマホ関連トピックは? 手持ちの機種を眺めながら思い出してみる(アプリ開発エンジニア・えど編)

今年購入した端末から今年のトレンドを思い出そう
気が付けばもう2012年も終わろうという時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」のメインテーマであるスマートフォンやスマートデバイス周辺にも、今年も様々な動きがありました。そこで、今回は「年末企画」として、この1年を振り返ってみたいなと。

ただこの業界、あまりに動きが激くて、何があったか思い出すのがちょっと難しい状態なので、とりあえず、今年購入した機種をあらためて眺めながら、印象に残った話題をピックアップしてみたいと思います。多分に一人語りですが、よろしければお付き合いください。

■より高速な通信へ~とにかくLTEの時代2012年一気に盛り上がったのは次世代高速通信サービス「LTE(Long Term Evolution)」ではないでしょうか。現行の携帯電話通信方式を大きく上回る高速・低遅延通信を実現するLTEは、これまでもNTTドコモが「Xi(クロッシィ)」としてサービスを行っていましたが、9月に発売された「iPhone 5」に合わせてKDDIとソフトバンクモバイルがそれぞれ「4G LTE」という名称でサービスを開始してから“LTE”という言葉自体の知名度が一気に上昇しました。これまでLTEという言葉をプッシュしていなかったNTTドコモまでもが「docomo LTE Xi」というフレーズを使い始めたのが象徴的です。KDDIはその後発表されたAndroidスマートフォン群もすべてLTEに対応させ、SoftBankについてもTD-LTEベースの「SoftBank 4G」(詳細は後述)への対応が進むなど、一気に通信規格の世代交代が進んだ印象です。

【LTEサービスの起爆剤になったiPhone 5】

smartphone2012_001

一方で気になるのは、LTE以前に高速通信を実現していたモバイルWiMAXなどの立場。KDDIはLTE導入以前は、傘下のUQコミュニケーションズが提供するモバイルWiMAXサービスが利用できるAndroidスマートフォンを複数リリースしていましたが、今後どうなるかは未知数。UQコミュニケーションズ自体、次世代のモバイルWiMAXサービスはLTEの一種であるTD-LTEとの互換性を確保させていく方針を発表済みです。

【モバイルWiMAXはLTEに化ける? (WiMAX内蔵のISW11SCとDATA08W)】

smartphone2012_002

UQコミュニケーションズと同時期に周波数帯域が割り当てられたウィルコムの高速通信サービスXGPも、紆余曲折あって結局TD-LTEとの互換性を持つ「AXGP」としてサービス提供されています(現状ソフトバンクモバイルが「SoftBank 4G」として提供中)。2013年はTD-LTEを含めたLTEへの動きが一段と加速していくのでしょう。

■持ち運び可能な7インチタブレットにブレイクの可能性を見るiPhoneとAndroid端末が激しく争うスマートフォンと対照的に、タブレット分野では今までiPadの独り勝ち状態でしたが、この流れを変えたのがGoogle純正の7インチAndroidタブレット「Nexus 7」ではないでしょうか。Appleが従来のiPadより小さい7.9インチの「iPad mini」を発売したことも、小さいタブレットのブレイクを予感させます。

【タブレット市場の流れを変えた「Nexus 7」】

smartphone2012_003

ドイツのミュンヘンに旅行した際にNexus 7とテレコムスクエアのレンタルモバイルルーターを持参していろいろ試しましたが、7インチというサイズは「持って歩くことが可能で、かつコンテンツをストレスなく見れる絶妙なサイズ」であることを実感しました。特に不案内な土地において(スマートフォンより)大画面にはっきり表示される地図は大いに不安を軽減してくれました。

【7インチタブレットは「外で使うタブレット」を定着させる?(ミュンヘンにて)】

smartphone2012_004

7インチサイズは普段違和感なく持ち歩けるので、モバイルネットワークに直接つながる通信機能が内蔵されていればと思う人も多いかもしれません。従来タブレットの売れ筋は(コストの面から)携帯電話通信が内蔵されていないWi-Fi専用モデルでしたが、7インチタブレットの魅力が広がれば、携帯電話通信内蔵型の市場シェアが広がるのではと感じます。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。