ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中古端末に潜むリスクを知るべし! スマホや携帯の中古品購入時の注意点【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

携帯電話やスマートフォンには“白ロム”と呼ばれている中古品がある。元々は正規の契約がされた端末だったのが、買い替えなどでの理由で中古ショップに売られたり、ネットオークションで転売されるなどして取引されていったものだ。中古品と言うこともあり、新品を購入するより安く本体を手に入れることができる。しかし、こうした端末にはいくつかのリスクがあり、最悪は使えなくなってしまうこともあるのだ。

白ロムの語源だが、端末内部に契約情報が書かれていない、まっさら(白い)ROMという意味で、白ロムと呼ばれ始めたのが最初だ。以前の携帯電話は、携帯電話本体に契約情報が記録されていたため、文字通り白ロムが存在した。

しかし、現在の携帯電話ではSIMカード(microSIMやnanoSIM)に契約情報が記録されているため、SIMを利用する端末では正確には白ロムは存在しない。昔の名残で誰でも使える状態の中古携帯電話やスマホを白ロムと呼んでいるようだ。白ロムはSIMカードを挿入することで問題なく使えるようになる。

これに対して“赤ロム”という端末が存在する。これが曲者で、端末の購入者が割賦の支払いを途中でしなくなったり、毎月の利用料金を支払わなかった結果、キャリア(携帯電話会社)がこの端末に対して遠隔操作により利用できないようにロックをかけてしまった端末を言う。

中古ショップなどで白ロムだと思ってこうした赤ロム端末を入手、SIMカードを入れて使用していて自分には利用料の支払いが滞っておらず、きちんとした利用をしていたとしても、キャリア側が遠隔ロックしてしまい、結果使用できなくなることがある。

また、元の所有者が実際は中古で売ったにも関わらず紛失したなどと嘘をつき、キャリアの保証サービスを利用して新端末を入手するようなケースでは、中古で売った端末が利用されないように携帯電話会社から遠隔ロックがかけられて使用不可能となることもあるようだ。

こうした端末を買わされるのは詐欺と言ってもいいい。キャリアの保証サービスで支払う金額(免責での金額)と売却代金の差が売却した人の利益となるから、こうした行為が行われるわけだ。残念なことに、この手の端末を中古で購入した側は基本的に泣き寝入りするしかない。キャリア側も素直にロックを解除してくれるとは限らないし、お金を払って購入したのにキャリアへの返却を迫られることもあるようだ。

このようなトラブルを避けるために、中古で販売されいる携帯電話やスマホは、携帯電話自体の製造番号(IMEI番号)が重要となる。この番号を各社のサイトで調べると、すでに利用制限されているかどうかがわかる。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト NTTドコモ

ネットワーク利用制限 ソフトバンク

しかし、これは購入時点での状態で、その後ロックがかからない保証はないのだ。このように中古端末を購入するのにリスクがあることを理解しておこう。そして、このリスクを説明しない業者での端末購入は、避けたほうがよいだろう。購入するとしたら、万が一、端末がロックされた場合の返金を受け付けている業者から購入するのが無難だろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

グリム童話出版から200年 Googleロゴが赤ずきんの紙芝居になってる!
もう手離せない! iPad miniを強化する三種の神器
業界最大手は伊達じゃない! 市場調査のマクロミルによるマーケティングリサーチ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7251807/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。