ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイヤレスで手軽に楽しめる!サブウーファーとセットになったソニー製のホームシアターシステム「HT-CT260」を試す【音響機器レビュー】

DATE:
  • ガジェット通信を≫



ソニーから10月20日に発売されたホームシアターシステム「HT-CT260」は、Bluetoothを搭載しワイヤレスで手軽に高音質のサウンドが楽しめるサラウンドスピーカーとサブウーファーがセットになった製品です。

HT-CT260最大の特長は、Bluetoothによるワイヤレス接続で、スマートフォンやソニー製の「WALKMAN」、アップル製の「iPod touch」といったポータブルミュージックプレーヤーの音楽・動画再生を高音質かつワイヤレスで楽しめる点です。

さらに、サブウーファーもBluetoothに対応しているので、ケーブルレスでお部屋の好きなポジションに設置することもできます。

もちろんスピーカーとは有線接続もできるので、テレビやパソコンとケーブルで接続して楽しむこともできます。

臨場感豊かなサラウンドを再現するフロントサラウンド技術「S-Force PRO フロントサラウンド」、フルデジタルアンプ「S-Master」、映画のセリフやニュースのアナウンスの声を聞き取りやすくする「クリアボイス設計」などソニー独自の技術が搭載され、クリアで迫力のあるサウンドが手軽に楽しめます。

しかも、ソニーの公式オンラインショップ「ソニーストア」では29,800円(税込)という驚きの価格で販売中です。

今回はこのHT-CT260を実際に試してみました。


結構大きい。パソコンをテレビと見立ててもらうとホームシアターのイメージが湧きやすい

スピーカーのフロントパネル部分

スピーカー背面の端子部分

サブウーファー上部。電源ON/OFFはランプ表示で確認できる

サブウーファーの背面部分。電源コードのみで配線いらず

個装箱には特長が分かりやすく記載されている
スピーカー本体とサブウーファーのほかリモコンを付属しています。スピーカーの前面パネルには電源ボタンのほか、タッチセンサーによる操作も可能です。

サイズはフロントスピーカーが約940(幅)×89(高さ)×97(奥行)mm(スタンド非装着時)、約940(幅)×102(高さ)×89(奥行)mm(スタンド装着時)で、サブウーファーが、約271(幅)×390(高さ)×271(奥行)mmとなっています。質量はフロントスピーカーが約2.8kg、サブウーファーが約7.2kgです。

今回はパソコン側の3.5mmのイヤホンジャックからスピーカーのANALOG端子にケーブルを接続してみました。スピーカーの電源とサブウーファーの電源を入れてパソコンとスピーカーをケーブル1本接続しただけです。配線が苦手な方でも簡単にできます。

たったこれだけの準備で、あとはスピーカーの前面パネルにある「INPUT」をタッチしてディスプレイに「ANALOG」と表示されるモードに切り替えるだけです。同じく音量も前面パネルの「VOL-」「VOL+」をタッチして調整できます。もちろんリモコンを使って操作することも可能です。

試しにパソコンの動画サイトで動画を再生してみました。普段パソコン単体で聴いているより圧倒的に迫力があり、クリアなサウンドが体験できます。映画の動画だと臨場感が増したサウンドに変化したことが分かりやすいです。

家電チャンネル:SONY ホームシアターシステム HT-CT260を試してみた!
大きなテレビはもちろんですが、動画サイトやレンタルしたDVDを気軽にパソコンで視聴する際にも、このHT-CT260があれば充実のサウンドで楽しめます。

●HT-CT260のポイント
・サブウーファーとセット、ソニー独自の高音質技術を搭載でクリアで迫力のあるサウンドが楽しめる
・接続機器をBluetoothでワイヤレス接続
・サブウーファーもBluetoothでワイヤレス接続
・フロントスピーカーは壁掛けもできる

次回はスマートフォンを使ってBluetooth接続による音楽再生をレポートします!

撮影・記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

■スペック

●アンプ/チューナー部
実用最大出力合計値(非同時駆動、JEITA):270W(フロント:85W+85W / サブウーファー:100W)
デジタル音声入力/出力:光デジタル1/-、同軸1/-
アナログ音声入力/出力:1/-
Bluetooth:内蔵
電源:AC100V、50/60Hz
消費電力(待機時)本体:アンプ(スピーカーに内蔵) 約32W(0.3W以下)、サブウーファー 約30W(0.3W以下)
AVスピーカー部

●AVスピーカー部
フロント:フルレンジ、バスレフ型、55mm×80mmコーン型
サブウーファー:バスレフ型、130mmコーン型

●機能
対応フォーマット:Dolby Digital、DTS、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch)
サウンドフィールド:スタンダード、ムービー、ゲーム、ミュージック、ポータブルオーディオエンハンサー、ステレオ

●大きさ/質量
フロントスピーカー:約940(幅)×89(高さ)×97(奥行)mm(スタンド非装着時)、約940(幅)×102(高さ)×89(奥行)mm(スタンド装着時)、約2.8kg
サブウーファー:約271(幅)×390(高さ)×271(奥行)mm、約7.2kg

●付属品
リモコン(RM-ANP086)、光デジタル音声コード(1.5m)、アナログ音声コード(1.0m)※ステレオミ⇔ステレオミニ、サウンドバー用スタンド×2、スタンド取り付け用ネジ×2、単三乾電池×2

●その他
本体直づけケーブル:本体電源ケーブル(1.3m)、ウーファー電源ケーブル(1.2m)

■製品ページリンク
HT-CT260 | ホームシアターシステム | ソニー

外部サイト

ワイヤレスで手軽に楽しめる!サブウーファーとセットになったソニー製のホームシアターシステム「HT-CT260」を試す【音響機器レビュー】
ちゃんと雨を避けられる! 目に見えない傘のヒミツは?
年の瀬は何かと忙しい!癒しアイテム教えて!!ネコグッズ編【ゴスロリ社長はるにゃんのエステの裏技】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7250350/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP