体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワイヤレスで手軽に楽しめる!サブウーファーとセットになったソニー製のホームシアターシステム「HT-CT260」を試す【音響機器レビュー】



ソニーから10月20日に発売されたホームシアターシステム「HT-CT260」は、Bluetoothを搭載しワイヤレスで手軽に高音質のサウンドが楽しめるサラウンドスピーカーとサブウーファーがセットになった製品です。

HT-CT260最大の特長は、Bluetoothによるワイヤレス接続で、スマートフォンやソニー製の「WALKMAN」、アップル製の「iPod touch」といったポータブルミュージックプレーヤーの音楽・動画再生を高音質かつワイヤレスで楽しめる点です。

さらに、サブウーファーもBluetoothに対応しているので、ケーブルレスでお部屋の好きなポジションに設置することもできます。

もちろんスピーカーとは有線接続もできるので、テレビやパソコンとケーブルで接続して楽しむこともできます。

臨場感豊かなサラウンドを再現するフロントサラウンド技術「S-Force PRO フロントサラウンド」、フルデジタルアンプ「S-Master」、映画のセリフやニュースのアナウンスの声を聞き取りやすくする「クリアボイス設計」などソニー独自の技術が搭載され、クリアで迫力のあるサウンドが手軽に楽しめます。

しかも、ソニーの公式オンラインショップ「ソニーストア」では29,800円(税込)という驚きの価格で販売中です。

今回はこのHT-CT260を実際に試してみました。

121112_sony_salaundsystem_02_960

結構大きい。パソコンをテレビと見立ててもらうとホームシアターのイメージが湧きやすい

121112_sony_salaundsystem_03_960

スピーカーのフロントパネル部分

121112_sony_salaundsystem_04_960

スピーカー背面の端子部分

121112_sony_salaundsystem_05_960

サブウーファー上部。電源ON/OFFはランプ表示で確認できる

121112_sony_salaundsystem_06_960

サブウーファーの背面部分。電源コードのみで配線いらず

121112_sony_salaundsystem_07_960

個装箱には特長が分かりやすく記載されている
スピーカー本体とサブウーファーのほかリモコンを付属しています。スピーカーの前面パネルには電源ボタンのほか、タッチセンサーによる操作も可能です。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。