ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GEANEE、Android搭載インターネットBOX新機種「ADB-02」を発売、価格は7,980円前後

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GEANEEは12月19日、Android 4.0(ICS)を搭載した”インターネットBOX”「ADB-02」を発売しました。価格はオープンですが、予想実勢売価は7,980円と比較的リーズナブル。ADB-02は、縦横100mm×厚さ27 mm、質量110gの小型Android端末。本体は有線LAN(RJ45)と無線LAN(IEEE802.11 b/g/n)機能に対応しており、HDMI対応のテレビや外部ディスプレイとHDMIケーブルで接続することで、YouTube動画やWEBページ、Androidアプリを大画面で利用することができます。映像の出力サイズは最大1080p (1920×1080ピクセル)。Android端末ですが、Google Playには非対応です。搭載プロセッサはAllwinner A10、RAM容量は512MB DDR3、内蔵ストレージの容量は4GB。外部端子は、microSD/SDHCカードスロット、USB端子×2、HDMI出力端子、RJ45端子、電源入力端子、映像出力端子×1、音声出力端子(左右)×1、光デジタル出力端子×1。製品には無線マウスが付属します。前作ADB-01と比較して、小型・軽量化、OSがAndroid 2.3→Android 4.0にアップデート、搭載プロセッサがアップグレード、ROM容量が倍増、無線LANに対応するなど大幅に仕様が強化されています。Source : GEANEE



(juggly.cn)記事関連リンク
ヤフー、Android端末の管理ができるPC向けソフト「Yahoo! スマホマネージャー」をリリース
NTTドコモ、「Galaxy S III SC-06D」と「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」のソフトウェアアップデートを開始
Google、Google Playミュージックの”Scan and Match”機能を米国向けサービスに追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。