ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ここは法廷だゼ!】援交あっせんの被告人 いまホタテの養殖してますか

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ある日の東京地裁。被告人は茶髪にロン毛、黒くてダボッとしたスエット上下を着こなしており、いかにもヤンチャな若者。起訴状によれば今年7月、15歳少女を18歳未満と知りながら、男と引き合わせて淫行させていた……という援交仲介事件であった。

見た目から、東京の人かな? と思っていたら本籍は岩手県大船渡市。高校卒業後、上京して仕事を転々としていたが、どれも長続きせず、援助交際の仲介を行うようになっていったという。被告人は、ネットの掲示板で援助交際希望の男性と連絡を取り合い、話をつけて、仲介していた。少女は客と関係を持ち、客から得たお金については、少女が6、被告人が4の割合で分配していたそうだ。

今回、この少女と援助交際した男が金を払わなかったため、被告人が男を脅したところ、男の父親が警察に駆け込んだため、援助交際あっせんが明るみに出てしまったという。

パッと見、だれが被害者なのか分かりづらいかもしれないが、いちおう被害者は15歳少女。彼女の調書によれば、

「被告人とは6月頃、知り合いました。ケータイから『LINE』の掲示板に“金に困ってます JK2、17歳です”と書き込みましたが実際には中学生でした。すると、被告人から連絡があり、6月頃会ったのです。“1人でやると危ない、条件言ってくれたら探すよ、『LINE』で客探すから”と言われ、客を探すのも面倒くさいしお願いしました。このときは16歳だと言っていました」

援助交際したいけど客を探すのが面倒くさい少女と、定職がなく金に困っていた被告人との利害が一致したようだ。金もないのに援助交際する男も男だし、全員に呆れてしまう……。

情状証人として被告人の兄が出廷。明るい色のチェックシャツ、チノパン、茶髪……と、かなりのオシャレボーイ。なんと大船渡市から仕事の都合をつけ、この日、駆け付けてくれたのだという。兄は家業であるホタテの養殖を継ぎ、真面目に働いているそうだ。だがこの仕事にも先の震災がいまも影を落としている。

弁護人「実家に影響はありましたか?」

兄「もちろんあって、ホタテの養殖施設が全部流されて、イチからやり直して、やっといま、スタートラインに立ったところで、急ピッチで進めています。すごく人手が足りないので、よかったら弟に手伝ってもらいたいなって思ってます。できれば今日連れて帰りたい、っていう思いでここまで来たので、考慮して頂ければ有り難いです」

見た目のチャラ男っぷりと、真面目な生き方とのギャップにびっくり。かえって好印象である。しかし、兄が家業を立て直しているのに被告人は東京で援助交際の仲介……あまりの落差に傍聴している方がしょんぼりしてしまう。現実を忘れたくなってしまう気持ちもあったのだろうか……。

被告人は今回、逮捕された事を兄にしか伝えていないという。「実家に帰ってからみんなには伝えたかった」と述べていたが、これには検察官が難色を示した。

検察官「いつ話すんですか?」
被告人「戻ったらすぐ」
検察官「お父さんが怒って、出てけ、と言われたらどうしますか?」
被告人「でも、まぁ……(聞こえなくなる)」
検察官「当然怒りますよね? あなたの妹に近い歳の子を使い、さんざん稼いで……」(←検察官はよくこういう責め方をする)
被告人「でも、まぁ……(また聞こえなくなる)そこまで考えてなかったです」

う〜ん、確かにいきなり実家に帰って「オレ、逮捕されてたんだ、でも今日からホタテの養殖手伝うよ!」と言われても、さすがにお父さんは怒るだろう。検察官は、被告人が家を追い出されてしまって、また東京に舞い戻って犯罪に手を染めないか、心配しているようだ。たまに、検察官もこういう優しさを見せる事がある。被告人には前科がなく、執行猶予の可能性が高いので、あらかじめ話しておいたほうがよさそうだが……。

裁判官「お兄さん、帰りの時間、大丈夫? 今日、これから別の裁判が入ってるんですけど、そのあと、判決言い渡しますから」

と、この日に言い渡す事がアッサリ決まった。こうして、数時間後に言い渡された判決は懲役1年6月、執行猶予3年。おそらく、この日に実家に帰ったことだろう。被告人は無事に実家を追い出されず家業を手伝っているのか? また東京に戻って『LINE』で援交少女探したりしてないか? ひそかにいまも気になっている。あと、その少女がまた援助交際してないか? というのもひそかに気になるところである。

画像引用元:flickr from YAHOO
http://www.flickr.com/photos/mersy/3278249444/

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
高橋 ユキの記事一覧をみる ▶

記者:

傍聴人。近著『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、『木嶋佳苗劇場』(宝島社)ほか古くは『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社)など。好きな食べ物は氷。

ウェブサイト: http://tk84.cocolog-nifty.com/

TwitterID: tk84yuki

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP