ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本日発売!アマゾンの7インチタブレット「Kindle Fire HD」が早速届いたので開封してみた【レポート】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Kindle Fire HDが発売日に届きました!
既報の通り、Amazon(アマゾン)は日本国内向けに発売する7インチタブレット「Kindle Fire」および「Kindle Fire HD」(16GBモデルおよび32GBモデル)を18日(火)に発売した。このうちKindle Fire HDが発売日当日となる本日手元に届いたので開封レポートをお届けする。

Kindle Fire HDは、Androidをベースに独自のカスタマイズが施されたタブレット端末。無線LANI(Wi-Fi)経由でインターネットに接続ができ、電子書籍はもちろんさまざまなアプリケーションを利用することができる。

ただし、Google Playの利用はできないため、一般的なAndroidスマートフォンやタブレットとは異なり、電子書籍リーダーをはじめとしたアマゾンのサービスが快適に利用できる“Amazon端末”と認識した方が賢明だろう。本体価格は、16GBモデルが15,800円、32GBモデルが19,800円で今回購入したのは16GBモデル。

121218_kindlefire_hd_02_960

個装箱

121218_kindlefire_hd_03_960

個装箱の側面にはKindle Fire HDの表記

121218_kindlefire_hd_04_960

個装箱は縦方向に開く

121218_kindlefire_hd_05_960

内容物

121218_kindlefire_hd_07_960

microUSBケーブルが同梱されている

121218_kindlefire_hd_06_960

ガイドブックは注意事項程度のみ
本体のほか、microUSBケーブル1本と注意事項が記載された冊子が2冊入っている。冊子は各国の言語で表記されており、2冊合わせても日本語のページは合計4ページのみとなっている。

121218_kindlefire_hd_08_960

本体正面。ロック解除画面の壁紙は表示が毎回変わる

121218_kindlefire_hd_09_960

本体背面。筐体デザインから基本の向きは横向きであることが分かる

121218_kindlefire_hd_10_960

本体上部側面(上)と下部側面(下)

121218_kindlefire_hd_11_960

本体向かって左側面(上)と右側面(下)
本体のデザインとしては横向きのポジションが基本となる。ただし、アプリによっては縦表示固定のものもある。もちろん通常の画面など基本的には表示が縦横表示の自動切替ができる。

下部側面にはHDMI端子とmicroUSB端子を備える。先述の通り、microUSBケーブルは1本同梱されているが、HDMIケーブルは同梱されていないので、必要であれば別途購入などして用意する必要がある。

本体右側面には。3.5mmイヤホンジャック(ヘッドホン/入力)、音量調整などができる上下キー、電源ボタンを備えている。

ディスプレイのサイズは7インチ、解像度は1280 x 800、216ppi、デュアルコアCPUを搭載し、環境光センサー、アクセロメータ、ジャイロスコープといった各種センサーも備える。カメラは前面に搭載しているが、背面カメラは非搭載。

121218_kindlefire_hd_12_960

左がKindle Fire HD、右がiPad mini(アップル製)

121218_kindlefire_hd_13_960

左がKindle Fire HD、右がiPad mini
小型の7インチクラスタブレットとしてiPad miniとサイズ比較をしてみた。iPad miniはディスプレイサイズが7.9インチと約8インチなので、Kindle Fire HDとはほぼ1インチ違うことになる。そのため、本体サイズもiPad miniの方が大きいのだが、厚みは若干Kindle Fire HDの方が厚い。

また、Kindle Fire HDのほうがディスプレイ周りの額縁部分が広く、逆にiPad miniは額縁が狭いため、ディスプレイサイズが約1インチ違う割には全体のサイズ感はiPad miniと大きく変わらない。

見た目の印象だと、Kindle Fire HDのディスプレイサイズの方が見やすく感じるが、実は解像度はKindle Fire HDが、1280 x 800、画素密度が216ppi、iPad miniが1024 x 768、画素密度が163 ppiとなっているため、ディスプレイの見やすさ、表示の滑らかさではKindle Fire HDの方が高精細な表示が可能となっている。

一般的なAndroidタブレットとはやや毛色の異なるプロダクトだが、本体価格も手頃でキャリア(通信事業者)と契約する必要もないので、7インチタブレットを手軽に楽しんでみたいといった人も試してみてはどうだろう。

記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
本日発売開始!アマゾン、7インチタブレット「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」の発売日を1日前倒して12月18日に変更へ – S-MAX – ライブドアブログ
Amazon、ついにKindleを11月に日本で発売!「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」「Kindle Paperwhite」の3機種で、Kindleストアも10月25日にオープン – S-MAX – ライブドアブログ
Amazon.co.jp: 通販 – ファッション、家電から食品まで【無料配送】

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

本日発売!アマゾンの7インチタブレット「Kindle Fire HD」が早速届いたので開封してみた【レポート】
シャープがクアルコムと次世代MEMSディスプレイを共同開発!クアルコムから99億円の出資受け入れ
ワイヤレス充電Qiにも対応!NokiaのWindows Phone 8搭載スマホ「Lumia 920」を写真と動画で紹介【レビュー】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7245585/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。