体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【年末企画】2012年に定着したスマホは?すっかり大型端末に慣れさせられました(編集長・memn0ck編)

デジタル・IT


間の6インチサイズが出ないかな!?
毎年やってきますが、師走というだけあってなぜか毎年忙しいこの時期。もうすぐ年の瀬ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

さて、そんな時期にサクッと紹介するこの「年末企画」。昨年に引き続き、今年の振り返りをしたいと思いますが、昨年以上に発表会などに顔を出すことが少なくなったため、お姉さんで振り返るのは困難を極め、急遽私が今年購入したデバイスを紹介しながら振り返ってみたいと思います。

私としてはこの2012年もいろいろなデバイスに手を出した一年でした。要因はいくつかあるのですが、その辺りも含め色々と書いていきたいと思います。

昨年同様、いつもの記事とは違い緩い感じで書いていきます。多分この記事を読んでいる人は暇だと思うので最後まできっちり読んでくださいw

……ここまで、ほとんどコピペww 続きはちゃんと書きましたので(;´∀`)

■GALAXY Note II SC-02EおよびGALAXY Note SC-05D

02

GALAXY Note自体は昨年から……もとい、ペン入力はほとんどしないのに、すっかり定着してしまいました。今冬に発売開始された「GALAXY Note II SC-02E」も発表直後から購入宣言をし、ほどなく入手。非常に快適に使っています。

なんといっても、GALAXY Noteまではどちらかというとコンパクトモデルというか、ディスプレイサイズでいえば、3.7インチ程度のスマートフォンが好きでした。なんといっても、片手でそれなりに快適に操作できる最大サイズということで、好きだったわけです。最近のキーのなく、狭額縁なモデルなら4インチくらいまでは許容というやつでしょうか。

それを覆されたのがGALAXY Noteでした。それまでも、もちろん、5インチサイズでは「Gell Streak 101DL」などをいじってはいましたが、当時は「これで片手操作は無理w」「山田さん※1しかフリックできないww」などと、やや揶揄した状況でありました。

※1 ライターでMobile Newsを運営している山田道夫氏。大柄で、手も大きく、すらっと伸びた指が、男性ながら「持っている機器が小さく見える」という理由で発表会場などで手タレを頼まれることも多い方。

同じ5インチサイズでも、大きさや質量が違うわけですが、GALAXY Noteでは片手で操作できる工夫などもあり、当然のように片手操作は厳しいものの、特に、GALAXY Note IIについてはそのスペックや機能もあり、がんばって持ち歩きたいと思わせる製品になっていると感じています。

いろいろと好みは変わるのですが、今は、5インチサイズの大型スマホを単体で持ち歩くか、コンパクトなスマホと7インチサイズの小型タブレットを持ち歩くか、2択くらいかなと思っています。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会