体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワイヤレス充電Qiにも対応!NokiaのWindows Phone 8搭載スマホ「Lumia 920」を写真と動画で紹介【レビュー】


Lumia 920をチェック!
今年11月にMicrosoftから投入された最新スマートフォン向けプラットフォーム「Windows Phone 8」。マルチコアCPUや高解像度ディスプレイ、非接触IC機能(NFC)、microSDカードなどの外部メモリーなどといったハードウェア的に各種対応を果たし、よりパワフルになって、iPhoneのiOSやXperiaやGALAXYなどのAndroidに続く、第3のスマートフォン向けプラットフォームとして起死回生の復活を遂げるべく、各ハードメーカーから魅力的な端末が出揃っていました。

しかしながら、一部報道では、Microsoftの戦略的意向とも伝えられていますが、ここ日本ではいまだに1機種も発表・発売されていません。

そこで、今回は、SIMフリーな端末を中心に海外のさまざまな電子機器を国内向けに販売しているオンラインショップ「EXPANSYS JAPAN」からWindows Phone 8搭載のハイエンドモデル「Lumia 920」(Nokia製)をお借りしたので、まずは、外観を中心に写真および動画で紹介したいと思います。

02

Lumia 920のパッケージ

03

パッケージとLumia 920

04

Lumia 920の同梱品

Lumia 920は、かつては携帯電話販売台数で圧倒的なシェアNo.1を誇っていた、Nokia(ノキア)が投入するWindows Phone 8搭載のハイエンドスマートフォンです。Nokiaは、Windows Phone 8を搭載したスマートフォンを、Lumia 920のほか、「Lumia 822」「Lumia 820」「Lumia 810」とすでに4機種投入しており、その中でも最もハイスペックなモデルです。

ディスプレイは4.5インチWXGA(768×1280ドット)PureMotion HD+ IPS液晶を搭載し、これまでのWindows Phoneと比べるとかなり大型となっています。最近の大型化が進むAndroidスマートフォンと比べても十分大きく、美しく、見やすい画面となっています。また、ディスプレイは手袋をしていても操作可能な「スーパーセンシティブタッチ」となっており、ディスプレイを覆うガラスは傷などにも強い強化ガラス「ゴリラガラス」を採用しています。

ただし、その分、サイズも大型化しており、大きさが70.8×130.3×10.7mm、質量が185gとなっています。持った感じは、片手操作はできなくはないですが、かなり大きく感じます。

横幅としては、最新スマートフォンでは「GALAXY SIIIα SC-03E」(71mm)や「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(68mm)、「HTC J butterfly HTL21」(71mm)といった5インチ弱のものと近いです。また、質量では「GALAXY Note SC-05D」(185g)や「GALAXY Note II SC-02E」(189g)といったさらに大型モデル級となっています。

その分、質感はかなり良く、お借りしたのがイエローで、ややビビッドな色合いなので、あまりNokiaらしいといった感じではないですが、良い感じです。イエローと薄い色ながら少し裏面は指紋が目立つかもしれません。

ディスプレイの下には、左からバックキー、Windowsキー、サーチキーといった静電式タッチキーが搭載されています。着信や充電中を知らせるLEDは搭載されていないようです。

ディスプレイ面にはこの他、約130万画素インカメラや一部センサー(照度センサーや近接センサー)が配置されています。センサー類は、加速度センサーも搭載されています。

ディスプレイに写っている画面を見るとわかりますが、今回お借りしたのは、このLumia 920の香港版。そのため、起動して、地域などを変更すれば、中国語(中華)フォントながら日本語が表示可能となっています。また、キービードを追加すれば、日本語入力も可能です。これらについては、また別途紹介したいと思っています。

05

Lumia 920の正面写真

裏面には、カールツァイスレンズを採用した8.7メガピクセルの“PureView”カメラを搭載。カメラは光学手振れ補正に対応しており、カメラ用デュアルライト(LED)も搭載されています。防水や防塵、耐衝撃には非対応。

なお、バッテリーは脱着できず、裏面もカバーなどになっておらず、iPhoneなどのように裏面は外れないようになっています。バッテリーは容量が2000mAhで、NTTドコモが“おくだけ充電”として推進しているワイヤレス充電規格「Qi(チー)」にも対応しています。Qi対応ワイヤレスチャージパッドは、Nokia純正のものがあ用意されていますが、今回お借りした製品には同梱されていないとのことです。なお、Nokia純正のワイヤレスチャージパッド「Nokia Wireless Charging Pillow for Lumia 820/920」もEXPANSYS Japanで2013年1月1日販売開始予定とのことです。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。