ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Canon EOS Mを使って自分好みの設定で写真を撮ってみよう!「マニュアル露出」の操作方法を写真と動画で解説【ハウツー】

DATE:
  • ガジェット通信を≫



今年の9月下旬にキヤノン初のミラーレス一眼カメラとして発売された「EOS M」を使って、これまでに「猫カフェ」で撮影したかわいい猫ちゃんの画像や、人物撮りとしてコスプレイヤーさんを撮影した画像、ファミリーやカップルで訪れやすい撮影スポットとして動物園で撮影した画像などを紹介してきました。

これまでの記事にも度々「マニュアル露出」での撮影について触れてきましたが、今回はEOS Mでマニュアル露出の設定、操作方法を紹介します。

EOS Mは、コンパクトデジタルカメラ(以下、コンデジ)ではなくデジタル一眼レフカメラに近いカメラです。そのため、本体サイズはコンデジ並でも、コンデジではできない細かな設定が可能です。マニュアル露出モードでは、シャッタースピード、F値、ISOなどの設定ができ、より自分好みの写真撮影ができます。


まずはシャッターボタン周囲のダイヤルでモードの切り替えをする

タッチパネルに対応しているので各種設定項目をタッチする

M(マニュアル)のほかにもAV、TV、Pなどのモードが選択できる

ホワイトバランスの設定も可能

シャッタースピードはダイヤルを回し(スライドさせ)て設定する

F値も同様にダイヤルで設定する

ISOも設定もできる。最大12800まで対応する
全てタッチパネルからの操作となるので、アイコン表示など慣れていないと戸惑うが、難しい操作はないのですぐに慣れることができるでしょう。むしろ慣れた際に、設定をいじりながら撮影するとタッチパネルが故に素早く設定変更できないことが気になる。

やはり物理的なダイヤルをカリカリと回したほうが数値の変更などは速いが、そこは許容できる撮影環境であれば特に気にならないかもしれない。逆に許容できない撮影環境であれば、デジタル一眼レフカメラを検討したほうがいいでしょう。

とは言え、このサイズでレンズ交換ができ、ホワイトバランスや露出をマニュアル設定できるのは大きな魅力であり、デジタル一眼レフカメラの代わりとして利用することもできます。

EOS Mに触れる機会があれば是非マニュアル露出も試して欲しい。最後にマニュアル露出での一連の操作を行った動画を紹介します。

家電チャンネル:キヤノン EOS Mでマニュアル露出設定の操作方法
撮影・記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)

■EOS M スペック
型式:デジタル一眼ノンレフレックスAF・AEカメラ
有効画素数:約1800万画素
使用レンズ:キヤノンEF-Mレンズ群、キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを含む)※
  ※ マウントアダプターEF-EOS Mが必要。
 (有効撮影画角は、表記焦点距離の約1.6倍に相当) 
記録媒体:SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
液晶:ワイド3.0型(3:2)TFT液晶/約104万ドット
大きさ:約108.6(幅)×66.5(高さ)×32.3(奥行)㎜
重さ:約298g(CIPAガイドラインによる:本体+バッテリーパック+カード)/約262g(本体のみ)

■製品ページリンク
キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M|概要

■関連リンク
Canon EOS Mで「野毛山動物園」の動物達を撮ってみました【撮影レポート】
Canon EOS Mでコスプレイヤーさんを撮ってみました【撮影レポート】
Canon EOS Mで撮った渋谷の猫カフェ「ハピ猫」の猫ちゃん画像(2)
Canon EOS Mで撮った渋谷の猫カフェ「ハピ猫」の猫ちゃん画像(1)
Canon EOS Mを持って都会の癒し空間「猫カフェ」へ行ってきましたよ【突撃!家電ちゃん】
渋谷の猫カフェ【ハピ猫】猫と遊べて癒される幸せ空間!
キヤノン

外部サイト

Canon EOS Mを使って自分好みの設定で写真を撮ってみよう!「マニュアル露出」の操作方法を写真と動画で解説【ハウツー】
あきらめないで! 実は購入可能だったLINEの大人気キャラクターグッズ
手縫いのレザーカバーが高級感たっぷり! フィリップスから発表のBluetooth対応「Fidelio ワイヤレスポータブルスピーカー P9」

(http://news.livedoor.com/article/detail/7242998/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP