ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっとオシャレで個性豊かなCROYのiPhone用モバイルバッテリーをまとめてレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


スマートフォンや携帯ゲーム機など複数のガジェットを持ち歩く人には手放せないのがモバイルバッテリー。無骨で「いかにもバッテリー」なデザインの製品も機能的でよいですが、iPhoneユーザーならモバイルバッテリーのデザインにもこだわりたいところですね。CROYはそんなiPhoneユーザーに向けて、オシャレで使えるモバイルバッテリーのラインアップを充実させています。今回、代表的な3製品をまとめてお借りできたので、レビューをお届けしましょう。

※記事には多数の写真を使用しています。すべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください。

スリム&大容量の『ProMini 4000+』


まずご紹介するのが、厚さ7.5mmと『iPhone 5』よりスリムなデザインに、4000mAhの大容量を備えた『ProMini 4000+』。



スマートフォンのようにシンプルかつ美しいデザインと、『iPhone』と一緒にポケットに入れてもかさばらないサイズが特徴です。バッテリーってちょくちょくカバンから出し入れするものなので、このように手になじむデザインだと長く愛用したくなります。


インタフェースは底面にある出力用USBポートと入力用microUSBポートのみと、こちらもシンプル。『iPhone 5』、『iPhone 4S』、Androidスマートフォンなどをケーブルでつなげば充電できます。

操作は表面のタッチセンサを長押しで電源をON。センサ部にあるLEDインジケーターで残量の確認もできます。



本体の充電用にmicroUSBケーブルが付属するほか、アップルの30pin、PSP、miniUSBに対応するケーブルが付属。あらゆるガジェットに対応します。


本体カラーはダークグレイとシルバーの2色をラインアップ。同社直販サイトでの販売価格は4600円(税込み)です。

iPhone 4Sにベストマッチな『Energy Stage A30』


続いて紹介するのは、iPhone 3GS/4/4SやiPodに最適な、30pinコネクタ搭載の『Energy Stage A30』。バッテリー容量は2700mAh。ケーブルやコネクタを介して充電するのと比べて、ロスなく大容量を使いきれるのが特徴です。


「よくある箱型のバッテリーじゃないの?」と思った人。違うんです。本体に内蔵された30pinコネクタは角度が可変なので、いろいろな使い方が楽しめてしまいます。


スタンドにしてしまえば、机に置いたままで快適にアプリの操作が可能。


カバンのポケットに滑り込ませたいときは、平らにして使えば幅を取りません。


カバンの中がぐちゃぐちゃで画面に傷がつかないか心配……という人は、画面をスッポリ覆って入れてしまえば安心です。


本体側面に入力用のmicroUSBコネクタがあり、付属のmicroUSBケーブルで充電可能。本体とiPhoneをドッキングしたまま充電すると、本体とiPhoneの両方を同時に充電できます。残量は本体を振ると表示されるインジケーターから確認しましょう。


本体カラーはホワイトとブラックの2色。同社直販サイトでの販売価格は3750円(税込み)です。

カラフルで楽しいスティックタイプの『Energy Stick』


最後にご紹介するのは、バッテリーには珍しく7色のカラーバリエーションを持ち、スティックタイプと形状もユニークな『Energy Stick』です。こんなチャラい(失礼!)見た目でも3000mAhと大容量。


スティックのりをちょっと大きくしたぐらいのサイズ感で、手にしっくりなじみます。『Energy Stage A30』同様、振ると残量をインジケーターでお知らせする機能を搭載。


入力用のUSBポートと、出力用のアップル30pinポート、USBポートを搭載。本体をひねると30pinコネクタ、反対方向にひねると入力用USBコネクタが飛び出します。



『iPhone 5』ならケーブルで接続して充電。30pinコネクタを搭載する端末ならコネクタでドッキングして充電します。



立てて机に置くとなんかかわいい……。カメラ撮影用のハンドルとしても重宝しそうです。


本体の充電は、入力用のUSBコネクタを飛び出させてノートパソコンなどに差し込むだけ。基本的にはケーブル要らずなのでシンプルに使えます。



付属のケーブルにはmicroUSBだけでなく、miniUSB、PSPのほか、LG、Nokia、Samsung、SonyEricssonの携帯電話用のコネクタが付属。幅広いガジェットの充電に対応します。

本体カラーはブラック、ホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーン、レッドの7色のほか、今後パープルとオレンジが追加になる予定。価格は3850円(税込み)。

なかなか個性豊かでオシャレなCROYのモバイルバッテリー。肌身離さず持ち歩くモノだから、持っていて楽しい方がいいに決まってますよね。お気に入りのバッテリーを携帯して、ガジェット生活をより楽しいものにしてしまいましょう。この時期、パーティーの景品やプレゼントにもオススメですよ。

CROY モバイル
http://www.croyllc.com/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP