体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仏教をポップに翻訳して歌っちゃう!/二階堂和美さんインタビュー(3/3)

仏教をポップに翻訳して歌っちゃう!/二階堂和美さんインタビュー(3/3)

歌手でありお坊さんでもある、二階堂和美さん(以下、ニカさん)インタビュー最終回です。今回はいよいよ「お坊さんとしてのニカさん」にフォーカス。ニカさんが伝えたい仏教のこと、お坊さんとしてやってみたいことを伺っています。

「伝える」ということでは、歌手もお坊さんも同じ。でも、ひとりの表現者としてずっと「伝える」ということに真剣勝負で向き合ってきたニカさんの「伝わらなければ伝えたことにはならない」という言葉には、ぐっとくるものを感じました。私たちは毎日、誰かと、何かを伝えあっているはずだけれど、ホントに「伝わる」ってどういうことなのかをちゃんと考えられているのかどうか? 原稿をまとめながら、何度も何度もそのことについて考えさせられました。

このインタビューを通じて、ニカさんという人のことを「あなた」に伝えることができるなら、私はとてもうれしく思います。まだの方は、ニカさんインタビューの1回目2回目もあわせてご一読ください。

仏教の良さをちゃんとポップに伝えてみたい

二階堂和美さん『にじみの旅』ツアーにて

――ニカさんが『にじみ』で演歌風のメロディにかわいい歌詞をつけてポップに歌ったみたいに、仏教も「歌詞を変えてアレンジ」できないのかなあって思っていて。
そうね、そんな感じでできたらいいね。それも、私の使命のひとつなのかなと思っていて。同じ世代にいる意識の高いお坊さんたちのなかで、私に任されている分野はここじゃないかなって。

――ニカさんに任されている分野ってどんなところでしょう?

翻訳かな、やっぱり。仏教の良さっていうものを、ちゃんとポップに伝えるというか。かと言って「お坊さんもフツーの人なんだ」と思ってもらうとか「お寺行くと落ち着く」とか「仏像巡りおもしろい」とか、そういうのではなくて。それでわかったような気になったり、お寺の価値をそこで終わらせるのは、むしろ逆効果だなと思っていて。

そういうポップさではなくて、人の悩み苦しみに対する仏教的な解釈は用意されているわけだから、そこにつなげるために翻訳していくっていうかね。深い部分にぽーんとたねを投げ込みたい。でもまちがって”お坊さんシンガー”みたいに言われないようにはしたい。

――”お坊さんシンガー”ではなく、歌うときはあくまで歌手として。
たとえば、エディット・ピアフは愛だの恋だの歌って、それに振り回されて生きた人だけど、実はものすごく敬虔なクリスチャンだったっていうような、そういう感じが好きなんです。たとえばゴスペルって、賛美歌をR&B風のリズムや歌唱法に変えて流行ったわけだけど、私がやりたいのはそういうことではなくて、そういう目先のおもしろさや取っつきやすさよりも、もっと深層に迫ってみたい。愛だの恋だの歌っているけれども、「私は仏教徒だ!」っていうことをちゃんと恥じずに持っていれば、自然な形で伝わるんじゃないかと思っていて。だって結局、愛だの恋だの、願望だの欲だのって中に、人の迷いや苦しみがあるんだもの。スタイルとしてではなくて、信仰として「仏教ってアリかも」というところに持って行きたいんです。

――今、「仏教のどんなところが好き?」って聞かれたらどんなふうに答えますか?
おごった気持ちをへし折ってくれるところかな。やっぱり自分にとって、「仏教だぁー」って思えたところがそこだから。がんばっている人にとって、「自分の力で何でもできると思わない方がいいよ」なんて言われたらおもしろくないと思うんだけど、そこを受け入れて次に進んだ方が、強いから。謙虚な気持ちっていうのがすごくこの世を生きやすくしてくれると思うんです。でももちろん「自信を持つな」ってことでも「人任せ」でもない。浄土真宗の「他力」の考え方って、やっぱりすごく伝わりにくいと思うんだよね。「他」っていうのが「他人」だったらまだ理解しやすいと思うんだけど、「阿弥陀様」のことだからね。「えっ!突然そんなこと言われても・・・」ってなると思う。そこはすぐに納得してもらえないくらいが当たり前だと思ってる。だから歌で直接「仏」とか言わない。「他力」って考え方に対して、疑念も抱きつつ、ひっかかり続けられればいいんじゃないかな。私自身、今もそうだしね。

人間は生まれてきたら死ぬっていうことは、2500年前からお釈迦さまが言ってることなんだけど、それを遠ざけようとする今の社会の雰囲気をまず変えたいと思っているから、「死ぬんだよー、死ぬんだよー?」って言って回りたい気分。震災後は「そんなことわかってる!」ってみんなが思っているから、逆に言いにくくなってるし、そこをストンと受けとれるためにはどうしたらいいのかなあって探っているところなんだけど。今の私にとっては、歌で「おわーかれのーときー」って歌うほうが伝わるなぁと思います。

伝えることは「相手の心の触れること」

二階堂和美さんのお寺にて

――伝える/伝わるってふしぎな感じで。たとえば、私はニカさんの歌を聴いているとき、私なりのイメージを重ねていて、それはニカさんの世界を見ているのか自分のなかの世界を見ているのかわからなくなっていくというか。
私を見ているようで、実はみんな自分の心に触れて、わーっと涙が出たりするんだと思ってるんですよ。歌手はそこに導くだけ。だから伝道者なんだなあと思うし、「じゃあ、お坊さんといっしょじゃん!」って。

お坊さんも自分の言っていることがちゃんと自分の中にストンと落ちていないと、やっぱり伝わらないと思う。今はまだほんとに不勉強で、お坊さんとしてはどうしようもない落ちこぼれなんだけど、ただ「自分はストンと落ちている」っていう手ごたえは持っていて。感覚的に「うんうん」っていうのはあるし、光が見えているのでそれは強いと思っています。言葉で説明するのはちょっとどう言ったらいいかわかんないんだけど「でも、包まれてるんです!」みたいな(笑)。

それを自分の言葉で話せるようになりたい。誰かの受け売りじゃ、やっぱり伝わりませんよね。言ってることがいくら正しくても、伝わらなくちゃ意味がない。その人の琴線に触れたり、心を握ったりすることができないと、伝わったことにならないと思うんです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。