ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AI、新シングル“VOICE”が鈴木京香主演ドラマ「夜行観覧車」主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

AIのニュー・シングル“VOICE”が、TBS系で1月18日にスタートするTVドラマ「夜行観覧車」の主題歌に決定した。

これは先日に東京・ホテルグランパシフィック LE DAIBAにて行われた〈AI Christmas Dinner Show with Choir〉のステージ上で、AI本人から発表されたもの。彼女が地上波の連続ドラマの主題歌を担当するのは、2010年に放送された「警視庁継続捜査班」の主題歌“眠れない街”以来、2年ぶり4作品目となる。

AIはこの日のディナーショーのアンコール1曲目に、“VOICE”をワンコーラスだけ披露。MCでは「(夜行観覧車は)私の大好きなタイプのドラマなので、よくぞ私に言って(オファーして)くれたなと(笑)。そして、ハッピーな曲が多い私に、サスペンスドラマの主題歌が、ついにきたと喜んでいました。普段、ニュースを見ていて〈なんでこういうことをするの?〉って、言いたくなる。〈みんな仲良くすればいいのに〉という気持ちが湧いてくる。そして、本当の自分の姿を出せないで悩んだり、苦しんでいるドラマの登場人物たちや、実際、私たちが生きている世界の人たちに〈本当の愛〉が大事だというメッセージを込めて作りました。ドラマも“VOICE”も一緒に楽しんでいただけたらと思います」と語ったという。

ドラマ「夜行観覧車」は、湊かなえのベストセラー小説を鈴木京香の主演で映像化する、家族のあり方を描くサスペンス作品。主題歌の“VOICE”はドラマ制作サイドと綿密な打ち合わせを重ねて作り上げられたもので、ドラマのサスペンス性を表現しているほか、作品のテーマでもある家族愛、そして世の中のさまざまな形の愛の存在意義を問う、AIならではのメッセージが込められた意欲作に仕上がっているとのこと。シングルは2013年2月13日にリリース予定。代表曲“ハピネス”“Story”などのゴスペル・ヴァージョンをカップリングしたCDとPVを収めたDVDから成るスペシャル盤、表題曲のリミックスを楽しむことができる通常盤の2タイプが登場する。購入者特典としてスペシャル企画の応募券も封入されるので、ぜひチェックしよう。

 

〈AI “VOICE”収録内容〉
【スペシャル盤】
〈CD〉
1. VOICE
2. タイトル未定
3. ハピネス (ゴスペル・バージョン)
4. Story (ゴスペル・バージョン)
5~9. 本人曲&洋楽曲カバー (ゴスペル・バージョン)

〈DVD〉
1. ハピネス – スマイル・バージョン (PV)
2. VOICE (PV)

【通常盤】
〈CD〉
1. VOICE
2. VOICE – REMIX
3. タイトル未定
4. VOICE – Instrumental
5. タイトル未定 – Instrumental

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP