ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人間 vs コンピューター再び 「第2回将棋電王戦」初の団体戦を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週末の土曜日、株式会社ドワンゴは、公益社団法人日本将棋連盟の協力のもと、将棋のプロ棋士と世界最強コンピューター将棋が対戦する「第2回将棋電王戦」を2013年3月23日(土)から4月20日(土)にかけて、東京・将棋会館(東京都渋谷区)にて開催することを発表した。

“人間 対 コンピューター”の歴史的対局と言われた「第1回将棋電王戦」(今年1月14日開催)では、米永邦雄永世棋聖(日本将棋連盟会長)が惜しくもコンピューター将棋「ボンクラーズ」に敗れるという結果になった。

そこで「第2回将棋電王戦」では、人間側がリベンジを果たすべく、厳選された現役のプロ棋士5人と「第22回世界コンピュータ将棋選手権」で好成績を挙げた上位5チームによる団体戦を行う。1日1組の対戦で、第1局から第5局までの全対局を実施。結果、3勝したほうが勝者となる。

すべての対局の模様は、株式会社ドワンゴと株式会社ニワンゴが運営する動画サイト「niconico」内のサービス「ニコニコ生放送」にて完全生中継される。プロ棋士の方々に見事リベンジを果たすことを大いに期待したい。

■第2回将棋電王戦概要

●日 時:2013年3月23日・30日、4月6日・13日・20日各土曜日の午前10 時より対局開始
●会 場:対局場:東京・将棋会館(一般観覧不可)

大盤解説会場:ニコニコ本社(一般観覧可/東京都渋谷区神宮前1-15-2)
※大盤解説棋士および一般観覧方法については生放送番組ページに随時掲載

●対局者:(敬称略)
第1局(3/23):阿部光瑠 四段 vs 習甦(しゅうそ)
(開発:竹内章/第22回世界コンピュータ将棋選手権5位)
【生放送番組URL】■http://live.nicovideo.jp/watch/lv118753162

第2局(3/30):佐藤慎一 四段 vs ponanza
(開発:山本一成/第22回世界コンピュータ将棋選手権4位)
【生放送番組 URL】■http://live.nicovideo.jp/watch/lv118754300

第3局(4/06):舩江恒平 五段 vs ツツカナ
(開発:一丸貴則/第22回世界コンピュータ将棋選手権3位)
【 生放送番組 URL】■http://live.nicovideo.jp/watch/lv118755562

第4局(4/13):塚田泰明 九段 vs Puella α
(開発:伊藤英紀/第22回世界コンピュータ将棋選手権2位)
【 生放送番組 URL】■http://live.nicovideo.jp/watch/lv118757229

第5局(4/20):三浦弘行 八段 vs GPS 将棋
(開発:田中哲朗・森脇大悟/第22回世界コンピュータ将棋選手権1位)
【生放送番組 URL】■http://live.nicovideo.jp/watch/lv118757933

●ルール
持ち時間:各4 時間(1 分未満切り捨て)
先手番:第1局 阿部光瑠 四段(2局目以降は先手番・後手番が交替)
対局場での使用電力:2800Wまで(対局場以外の外部との接続によるネットワーク使用は可)

●主催:株式会社ドワンゴ(協力:公益社団法人 日本将棋連盟)
●詳細:将棋電王戦の公式ホームページにて確認のこと

公益社団法人 日本将棋連盟
将棋電王戦公式サイト
niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

初のOCR認識アプリ じぶん銀行のクイック口座開設アプリに世界初の機能搭載
そうだ!選挙に行こう Googleロゴも選挙風になっている
「日中オシャレ親善大使」はネットを活用する美しい才女

(http://news.livedoor.com/article/detail/7239760/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP