ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アウターライズ地震」向こう10年M7級の余震は続くと専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12月7日午後5時18分。日本列島に再び緊迫が走った。東日本大震災の震源に近い三陸沖で発生したM7.4の大地震。「津波! 避難!」と大きく書かれたテロップとともに、NHKアナウンサーは大きな声で「逃げてください」と何度もくり返した。

 この地震は、1年9か月前の東日本大震災の余震といわれているが、武蔵野学院大学・島村英紀特任教授がこう解説する。

「今回の地震は“アウターライズ地震”と呼ばれるタイプ。海側の太平洋プレートが、日本列島が乗っている北米プレートに沈み込んでいく際に割れてしまうことで起きる地震です。大地震が起きた後の余震として発生することが多いのですが、沖合の浅い場所を震源とするため、大きな津波を起こすものといわれています」

 実は今回と同タイプの地震は、2012年4月にインドネシアのスマトラ島沖でも発生していた。M8.6という大地震だったが、やはり本震がそれよりも前に起きていた。

「4月の地震の本震とされるのは、今から8年も前に起きたスマトラ島沖地震です。M9.1を観測した大地震は、今回発生したM7.4を超える余震を毎年のように引き起こしています。地震の規模がM9だった東日本大震災も、少なくともあと10年は巨大な余震が続くと考えられます」(前出・島村特任教授)

※女性セブン2012年12月27日・2013年1月1日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1年間で震度5弱以上の地震が70回発生 福島では26回も
能登半島地震 2013年から2019年にかけ起こる可能性と専門家
東海地震は「今世紀前半にほぼ確実にくる」と専門家が指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP