ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版SugarSyncの新バージョンv2.0のベータ提供が開始、ナビゲーションバーを備えた新UIで操作性が大幅に向上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オンラインストレージサービス「SugarSync」が同社の公式Androidアプリの新バージョンv2.0のベータ提供を行っています。アプリは開発途中で日本語のサポートも不完全ですが、一般公開されており、誰でも試すことができます。v2.0はリニューアルと呼べるくらい様々な部分で変更が行われています。まず目に付くのはアプリUIが新しくなったことです。最近のAndroidアプリに見られるスライド表示されるナビゲーションバーが採用され、基本的にフォルダ・ファイルがリスト形式で表示されるなど、他のファイル管理系アプリと似た作りになっています。SugarSyncはオンラインストレージとしての機能のほかに、任意のフォルダを複数のデバイス間で共有複数のPC間で同期する機能を備えるなどDropboxやBox.netなどの他社サービスと比較しても高機能なのですが、現行のAndroidアプリには、それらを無作為に詰め込んだ感があり、使いづらさを感じていましたが、UIの変更によりナビゲーションバーがSugarSyncのすべての機能の入口という役割を果たし、現行バージョンと比較して、シンプルで格段に使いやすくなったかと思います。ナビゲーションバー上には、SugarSyncのストレージやデバイス間で同期したファイル・フォルダ、写真、共有アイテム、作成したショートカット、アクティビティへのリンクがタイプ別に表示され、アップロードボタンや共有ボタンが組み込まれています。フォルダの移動やファイルのアップロードなどの大抵の操作がナビゲーションバーから利用できます。変わったのはUIだけではなく、ストレージサービスの基本機能とも言えるファイル管理機能も改善されています。ファイルの表示方法は従来と変わりませんが、名前でのソート機能、同期デバイスや保存先(SygarSync上)でのフィルタリング機能が追加。SugarSync上の写真を表示する「写真」タブでは、サムネイルの表示が拡大し、読み込み速度やスクロール性能も向上。ギャラリー表示に共有、同期、ショートカット作成、Androidのギャラリーアプリでの閲覧といった操作メニューが追加されました。あと、ちゃんとした検索機能が追加されたことも大きいですね。現行バージョンにテキスト検索機能はありませんが、v2.0では、ナビゲーションバー上部やファイル・フォルダをリスト表示中に上部の虫眼鏡アイコンをタップすることでデバイス内とSugarSync上のテキスト検索を行うことができるようになっています。検索結果はタイプ別(デバイス、フォルダ別)に分類表示されます。アップロード機能では、端末の内蔵ストレージ・SDカードのファイル一覧表示からSugarSyncにアップロードするという操作も可能になりました(現行バージョンでは保存先フォルダに移動してからしか行えなかった)。SugarSync v2.0はGoogle Playストアでは配信されていません。SugarSync米国サイトので公開されています。Source : SugarSync



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenMod 10.1のQuick Settingsパネルがカスタマイズ可能に、トグルの追加・削除、並べ替えなどに対応
Sony Mobile C5303は1.7GHz駆動のSnapdragon S4プロセッサを搭載?
Amazon Kindle Fire HD 7インチモデルでCyanogenMod 10が起動(動画あり)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP