ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2012年12月17日~12月23日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年12月17日~12月23日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:乙女座

何かと多忙な週となりそうです。思いどおりになる時間は減るかもしれませんがやりがいのある作業を任されるでしょう。いかに少ない時間でストレスを解消して上手に公私を分けられるかが肝。余計な誘惑は断つこと。休日にはしっかり休養をとるようにしてください。

第2位:魚座

転職や引っ越しなど大きな決断を下すのは少し先送りにしたほうが良さそうです。しかしいつもどおりのことを地道にこつこつと積み重ね足もとをしっかり固めていくことが運気を大きく上昇させる兆し。真面目な言動は好印象にも。生活リズムは見直しを図ったほうが吉。

第3位:獅子座

過去に諦めたことや失敗したことに再チャレンジする機会が訪れるでしょう。周囲からの協力も期待できそうです。勢いのあるうちに着手してしまうのが成功の秘けつ。失敗の原因をいつまでも引きずるのは禁物です。攻撃的な言動は人間関係の悪化につながるので注意。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/278968 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:双子座
週前半は目的がはっきりと定まらずダラダラと過ごしてしまいがち。そのぶん臨機応変に動くことができそうです。グループ行動するよりも単独行動のほうがより良い成果を上げられるでしょう。多少の苦難にぶつかっても愚痴らず前向きにとらえることが運気上昇の鍵。

第5位:射手座
対人運にやや暗い影がさし始めているようです。他者の協力をアテにするのではなく自ら率先して行動するよう心がけると好印象につながるでしょう。慎重であることも大事ですがチャンスがめぐってきたら逃さないこと。この時期は行動のぶんだけ見返りが得られそう。

第6位:蟹座
大きなトラブルに見舞われる週となるかもしれません。長期戦が予想されますので自暴自棄にならず忍耐強く取り組むことが求められます。一度に何とかしようとするのではなく目の前の問題から着実に片付けていきましょう。家族など身近な人との時間でリフレッシュを。

第7位:水瓶座
事務的に合理的に物事を進めていくのが成功の秘けつ。ただし他者を陥れたり欺いたりするようなやり方は後のちトラブルの火種となる可能性が高いので禁物です。目線を相手に合わせた思いやりのある態度は好印象につながるでしょう。嫌味は相手にせず聞き流すこと。

第8位:蠍座
身の丈を考えずに高望みをするとガッカリする結果を招きかねません。まずは自分と向き合い自分が本当に必要としているものを知ることが肝要です。迷ったときや悩んだときは家族などあなたのことをいちばん近くで見ている人に相談すると良い助言が得られるでしょう。

第9位:天秤座
職場や学校など公の場面では面倒を押し付けられたり約束を反故にされるなど意気消沈するような出来事に見舞われるかもしれません。けれどもそのぶん趣味の分野やプライベートでの付き合いは充実したものになる兆し。相手の立場になって考えることを心がけると吉。

第10位:牡羊座
周囲の人たちと意見の対立を見る週となるかもしれません。熱くなるあまり公正な判断力を失わないように気をつけて。一見遠回りに見えてもしっかり話し合いを重ねていくことが解決への近道。週の後半は気の置けない友人と楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

第11位:山羊座
精神的に不安定になりやすいとき。些細なことで感情的になるのはヒステリックな印象を与えるだけなので控えたほうが良さそう。あまり悪いほうにばかり考えたりとらえたりしないことが運気上昇の鍵です。外国にゆかりのあるものがラッキーアイテムとなりそうです。

第12位:牡牛座
不安材料は杞憂に終わりそうな兆し。ですがまだ気の抜けない状況がしばらく続くかもしれません。自分のことばかり考えるのではなく他者のために動くことが事態を好転させる鍵。また気分によって対応をコロコロ変えていると信頼関係にヒビが入りそうなので要注意。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP