ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サプライズ連発でメンバー涙! アップアップガールズ(仮)六本木ライヴをレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

ハロプロエッグの研修課程を修了した7名から成るアップフロントエージェンシー所属のアイドル・グループ、アップアップガールズ(仮)が、昨日12月15日に東京・ラフォーレミュージアム六本木にて単独コンサート第2弾〈アップアップガールズ(仮) 2nd LIVE 六本木決戦(仮)〉を開催。ここでは、14:00より行われた公演の模様をレポートします!

 


左から、仙石みなみ、古川小夏、森咲樹

 

12月5日に発売となったタワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉からの第1弾シングル『チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ』が、オリコンのインディーズチャートで1位を獲得するなど、その勢いがさらに加速するなかで開かれた今回の公演。オープニングSEが流れて7人が登場し、ファースト・シングル“Going my ↑”からライヴをスタートさせると、オーディエンスはいきなり大熱狂! 〈こなっちゃん〉こと古川小夏の「アツいアツいアツい、暑苦しいライヴにしますので、みなさんついて来てくださいねー!!」という煽りを受け、続いて披露された高速チューン“イチバンガールズ”にもOiコールで応えます。

 


左から、佐藤綾乃、佐保明梨、関根梓

 


新井愛瞳

さらにヒーローちっくな振り付けが可愛らしい“マーブルヒーロー”と、〈せっきー〉こと関根梓の投げキッスも胸キュンな“バレバレ I LOVE YOU”を立て続けにパフォーマンスした彼女たち。その後のMCで行われたメンバーの自己紹介では、佐保明梨が得意の空手による3枚連続の板割りを成功させるなど、それぞれが持ち味を発揮します。そしてサビ部分の振り付けをファンにレクチャーしてから、本日初披露となる新曲“リスペクトーキョー”を投下! ラップのパートを含むこの楽曲は、東京でアイドルになることを夢見る女の子が主人公で、EDM系サウンドの可愛らしくてカッコいいナンバー。ステージとフロアは、サビのフレーズ〈リスペクトーキョー〉と〈原宿なう〉で一体感に包まれます。

アプガはそのまま、同じく本日初披露となった5枚目のシングルのカップリング曲“Beautiful Days!”まで、5曲連続でパフォーマンス。なお、仙石みなみがMCで語ったところによると、“Beautiful Days!”の演劇っぽい振り付けにはいろいろな裏設定があるとのこと。そんなアイドルらしい楽曲が続いた後は、ジャケットとスカートを脱ぎ捨てて黒の上下に衣装をチェンジし、人気曲“夕立ち! スルー・ザ・レインボー”から、激しい振り付けの“サバイバルガールズ”、タオルをぶん回す“Rainbow”など、アッパー・チューンを5連発! フロアの熱をさらにアップさせていきます。

 

 

次の“チョッパー☆チョッパー”は事前に行った練習のおかげもあってコール&レスポンスもバッチリと決まり、“UPPER ROCK”、メロン記念日のカヴァー“お願い魅惑のターゲット”、“アッパーカット!”と続いて盛り上がりも最高潮に達したライヴ本編は、“ストレラ~Straight Up~”でさわやかに締め。当然のごとく沸き起こったアンコールに応え、お馴染みのタンクトップ姿で登場した7人は、フロアと一緒にケミカルライトを振る“サイリウム”でステージを再開します。

 

 

「暖かいアンコール、ありがとうございます!」と感謝の気持ちをファンに伝えた彼女たちが、今日の公演の感想や今後の抱負を語っていると、客席の最前列から突然カンペが手渡されます! ここまでサプライズがなかったので、「スタッフさんに見捨てられたかと思っていた」というこなっちゃんは、この時点で早くも涙目に。〈1枚ずつめくってね♥〉と書かれたそのカンペで、『チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ』がオリコンのインディーズチャートで1位に輝いたことが発表され、その原動力となった、日本で1番アプガを売っているというタワーレコード新宿店のアイドル担当・古木智志が登場! そして、彼が読み上げた手紙で、アプガにとって初のアルバム『ファーストアルバム(仮)』のリリースがあきらかになりました!

 

 

これにはメンバーも大感激! フロアと一緒にバンザイを繰り返します。2013年1月30日に到着する待望の初アルバムも、新宿店で猛プッシュすることを約束した古木は、メンバーに新たなカンペを渡して退場。そして、そのカンペのなかで指摘された、アプガに足りない〈何か〉を伝えるべく、タワーレコードの代表取締役社長・嶺脇育夫がついに登場! オーディエンスも〈育夫〉コールで社長を迎えます。

自分たちに足りないものは、MC力や集客力?とザワつくメンバーに対し、嶺脇社長は大盛況となっている今回のコンサートも、言わばホームで行っているもので、彼女たちに足りないものは〈戦い〉であると断言。「アウェーに行ってもらいます」と前置きし、各地のローカル・アイドルと対バンして回る全国ツアー〈TOWER RECORDS Presents アップアップガールズ(仮)対バン行脚(仮)〉の開催を発表しました! Negicco、Dorothy Little Happy、ひめキュンフルーツ缶、LinQら、人気ローカル・アイドルたちの地元に乗り込んで対バンするこのツアーに、アプガの面々は戸惑いながらもちょっと嬉しそう? 同ツアーの最終公演はふたたびラフォーレミュージアム六本木で行われるのですが、ここでの対戦相手はシークレットに。誰と対決するのか楽しみなところです。

これでサプライズは終わりかと思いきや、嶺脇社長はさらに、単独コンサート第3弾〈アップアップガールズ(仮) 3rd LIVE横浜BLITZ大決戦(仮)〉が、来年4月13日(土)に神奈川・横浜BLITZで開催されることも宣言! 自分たちがハロプロ エッグとして最後のイヴェントを行った〈聖地〉で凱旋ライヴを行うこととなり、メンバーもたまらず感涙。今回よりもたくさんのお客さんを集めるため、さらに上を目指すと決意を新たにしていました!

会場全体が驚きと喜びで満たされるなか、アンコールはミディアム・テンポの“Dateline”と、エモーショナルな“End Of The Season”で終了。こうして、単独コンサート第1弾を上回る全22曲を披露した、2時間半にも及ぶステージは幕を下ろしました。

★アップアップガールズ(仮)のファースト・アルバム、対バン全国ツアー、横浜ブリッツ公演の詳細はこちらから

 

〈『アップアップガールズ(仮)1st LIVE代官山決戦(仮)』〉 @ 東京・ラフォーレミュージアム六本木 2012.12.15
1. Going my ↑
2. イチバンガールズ!
3. マーブルヒーロー
4. バレバレ I LOVE YOU
5. リスペクトーキョー
6. チェリーとミルク
7. カッコつけていいでしょ!
8. You’re the best
9. Beautiful Days!
10. 夕立ち! スルー・ザ・レインボー
11. なめんな! アシガールズ
12. サバイバルガールズ
13. Burn the fire!!
14. Rainbow
15. チョッパー☆チョッパー
16. UPPER ROCK
17. お願い魅惑のターゲット
18. アッパーカット!
19. ストレラ~Straight Up~
【アンコール】
1. サイリウム
2. Dateline
3. End Of The Season

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP