体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、GmailでExchangeのサポートを2013年1月30日終了と発表! iPhoneでGmailをリアルタイム着信させていたユーザーはどうする?

iPhoneにGmailアカウントをExchangeとして登録できなくなる!
Googleのメールサービス「Gmail」は、iPhoneに「Exchange」のアカウントとして登録すると、メールが着信した瞬間iPhoneに通知させたり、連絡先やカレンダーの変更をリアルタイムにiPhoneに反映させるように設定することができました。この設定方法を2年以上前にS-MAXの記事で紹介しましたが、いまだに人気記事の上位にランキングされることから、GmailのExchangeサポートが多くの人に愛用されていることがうかがえます。

ところがGoogleがGmailのメールや連絡先、Google カレンダーにおけるExchangeのサポートを2013年1月30日をもって終了すると発表しました。iPhoneでGmailがリアルタイム着信する便利さを知ってしまった私たちに救いの手はあるのでしょうか?

Googleはこれまでも「Cleaning」(大掃除)と称して、サービス終了を行ってきています。今回は「Winter Cleaning」(冬の大掃除)としていくつかのサービス終了が発表され、その中にGmailやGoogle カレンダーのExchangeサポートを担う「Google Sync」が含まれました。

【サービス廃止をアナウンスする「Winter cleaning」ブログ記事】

gmail_exchange_001

Google Sync(=Exchangeサポート)終了の概要は以下の通りです。

・2013年1月30日以降、Googleアカウントを用いてExchangeで新しい端末を登録できない
・すでに登録されているものについては使用継続が可能
・Google Apps(for Business、for Government 、for Education)は引き続きExchangeをサポート

ここでいくつか注意点があります。まず「すでに登録されているもの」は本当に今Exchangeサポートを使っている端末、あるいは過去にExchangeサポートを使っていた端末のことを指し、たとえば将来的に新しいiPhoneが発売されて買い換えた場合、それは新しい端末なのでExchangeでの登録ができなくなると思われます。またGoogle Appsについては「for Business」「for Government 」「for Education」についてはExchangeサポートが継続されることが明言されていますが、先日新規登録受付が終了したばかりの無償版Google Appsについては言及がありません。Googleの資料を見ても、無償版Google Appsは「for Business」などの有償版とは別扱いとなっており、無償版においてExchangeサポートが廃止される可能性は十分にあります。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会