ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英紙が伝えた“幕末に侍が没落した理由”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

幕末の日本で侍が没落した原因として、化粧品の可能性があがっているという。

13日、イギリスのデイリー・メール紙は、複数のソースを引用し、江戸時代の武士階級の女性が使っていた白粉(おしろい)に含まれていた鉛や水銀が子供たちに中毒を起こしていた、という研究について報じている。

産業医科大学・中島民治准教授の研究チームが、北九州・小倉城周辺の遺骨を調査した結果、成人男性に比べ、女性に含まれている水銀と鉛の量は倍、子供に至っては今日の基準値を120倍も超えていることが分かった。

中島氏らはこうした背景として当時、身分の高い女性の中で流行っていた鉛素材の白粉に着目している。世界保健機構(WHO)は、子供が鉛中毒した場合、神経機関、生殖障害、高血圧、貧血などの疾病を起こすとしている。

また、化粧が禁じられていた百姓や漁師の遺骨からは比較的少量が検出されており、こうした化粧品による認知能力の低下などが700年間続いた武士階級に影響を与えた可能性を伝えている。

記事では、鉛中毒に関して「気が付かないほど微量でも、日常的に続くことによって健康に被害を及ぼす」とし、「ローマ帝国が紀元前500年から300年にかけて建設した水路に含まれていた鉛が、ローマの滅亡に繋がったという説もある」と綴っている。

【関連記事】
シイタケから基準値超えるセシウム検出 千葉・君津
厚化粧をしてるとバカになる!? 口紅に含まれる「鉛」が知能と行動に影響を与えるらしい
中国各地に“癌の村”…「日本の核汚染よりひどい」=重金属問題
世界の歴史〈3〉永遠のローマ (1976年)

【関連情報】
How Japan’s samurai caste was toppled by MAKE UP: Lead poisoning left the warriors’ children backward and physically deformed(The Daily Mail)
Lead Poisoning in Samurai Kids Linked to Mom’s Makeup(Live Science)
Tödliches Kuscheln mit der Mama(Spiegel)

(http://news.livedoor.com/article/detail/7235142/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。