ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「2012年最も泣けた曲ランキング」1位は三代目 J Soul Brothers!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年も残すところあと2週間ちょっと。2012年もさまざまな名曲が生み出されたが、最も多くの人の涙をさそったのはどんな曲だったのだろうか?

レコチョクは、ユーザー投票による「2012年最も泣けた曲ランキング」を発表した。これは2012年に発売された新曲の中で、最も泣けた曲をユーザー投票により決定したもの。

1位に選ばれたのは、三代目 J Soul Brothers「花火」。「夏に曲通りの恋愛をしてふられたから。今でも曲を聴いただけで、泣きそうになります」、「歌詞やメロディーの切なさと三代目の表現力で、今年の夏はこの曲で何度も涙しました。季節が変わった今も、聴くと今年の夏の出来事を思いだします」など、ひと夏の恋焦がれる気持ちを、女性目線で切なく綴ったラブバラードに多くの支持が集まった。

2位は、ティーナ・カリーナ「あんた」。「歌詞がとにかく切ない。片思いの彼のことを思い出して聴いたら、すぐ涙がポロポロ出てきた」など、関西弁で訴えかけるリアルな歌詞に共感する人が多かった。

5位までの結果は以下の通り。

<2012年最も泣けた曲ランキング>
1位:「花火」三代目 J Soul Brothers
2位:「あんた」ティーナ・カリーナ
3位:「夢の河」AKB48
4位:「ありがとう」JUJU
5位:「イエス」Acid Black Cherry

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP