体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベンジーがブランキーの曲を披露! タワー渋谷新装記念ライヴ第2夜レポ

 

浅井健一 (photo by 山本拓未)

 

タワーレコード渋谷店が11月23日にリニューアル・オープンしたことを記念し、渋谷近郊のライヴハウスにて5日間連続で行ったイヴェント〈LIVE LIVEFUL! SHIBUYA 5DAYS!〉。その2日目にあたるShibuya O-EASTでの公演〈HOT HIT TOWER〉の模様をレポートします!

 

アルカラ (photo by 山本拓未)

 

個性的なロック・アクト3組が集結したこのイヴェント。定刻を少し過ぎたころ、まずステージへと現れたのは、〈ロック界の奇行師〉を自称する神戸発の4人組バンド、アルカラ。タンバリンを首からさげた稲村太佑(ギター/ヴォーカル)が、「家入レオです! 最後までよろしく!」とカマしたかと思うと、冒頭の“Aカップ巨乳”と“癇癪玉のお宮ちゃん”の耳をつんざくようなギター音で、会場を一気にロックな空間へと放り込みます。

 

アルカラ (photo by 山本拓未)

 

続けざまに疾走感溢れる“チクショー”をオーディエンスに叩き付けた彼らは、オリエンタルなメロディーが耳に残る“踊れやフリーダ”やダンサブルな“わ、ダメだよ”、女性の視点でストーリーが紡がれる“YOKOHAMAから来た男”、トリッピーな轟音ギターを軸とした“振り返れば奴が蹴り上げる”などを次々と披露。リズムやアレンジがコロコロと変わる複雑な構造を持ちながら、どこまでもキャッチーな楽曲と、激しいパフォーマンスでフロアを圧倒していきます。

 

アルカラ (photo by 山本拓未)

 

O-EAST内にポスターがたくさん貼ってあったせいか、稲村は自分たちのことを家入レオと言い続け、最後に演奏した“半径30cmの中を知らない”の終盤では、〈変なおじさん〉風のダンスまで披露。その掴みどころのない立ち振る舞いと、緊張感に満ちたバンド・サウンドのギャップで、〈ロック界の奇行師〉らしい強烈な印象を残していきました。

 

キノコホテル (photo by 山本拓未)

 

続いては、パンクやニューウェイヴ、ロックンロール、プログレッシヴ・ロック、ラテン・ロックなど、さまざまな要素を内包する濃厚な音楽性と、独特の世界観で人気を集める音楽集団、キノコホテルの出番。イザベル=ケメ鴨川(電気ギター)がノイズを撒き散らすなか、颯爽と現れた支配人のマリアンヌ東雲(歌と電気オルガン)は客席をねめつけ、“球体関節”からライヴがスタート。その後も“愛と教育”や、タイトルどおりファズ・ギターが強烈な“悪魔なファズ”など、最新アルバム『マリアンヌの誘惑』からのナンバーを中心にステージは進行していきます。

1 2 3次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。