体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なるほどくん会いたかったよ~!」人気2タイトルがコラボした超話題作『レイトン教授VS逆転裁判』レビュー [レビュアー:藤本エリ]

今回は、オタク女性のための情報サイト『オタ女』編集長・藤本エリが話題の3DSタイトルをプレイレビュー。

『オタ女』:http://otajo.jp/

ニンテンドー3DS『レイトン教授VS逆転裁判』プレイレビュー

人気ゲームタイトル2つがタッグを組んだ超話題作として、11月29日に発売した『レイトン教授VS逆転裁判』。『逆転裁判』が大好きな筆者は、このソフトの為にニンテンドー3DS LLを購入。『レイトン教授VS逆転裁判』発売までの時間は、女の子の着せ替えを楽しんだり、AKB48と一緒に踊ったり、魚釣りをしてはリサイクルショップに足を運んでいました。

そしてついに『レイトン教授VS逆転裁判』の発売日。早期購入者特典「『レイトン教授VS逆転裁判』特製アニメフィルム付きオリジナルサウンドトラック」も無事ゲットした筆者はホクホク顔で帰宅。早速遊んでみたので、僭越ながらレビューを書いてみたいと思います。

ちなみに、筆者はニンテンドーDS版から『逆転裁判』をプレイしはじめた新規ファンなのですが、『逆転裁判』をクリアして「面白すぎる!!」と味をしめ、2、3と一気に遊んだのでした。当時、面白すぎてゲームをやめることが出来ず、南の島へ旅行に来ているというのにホテルのプールサイドでも遊び続け、アメリカから来ていた他のお客さんに「Nintendo!! hahaha!」と言われたほど(アンタ本当に好きだな! みたいな感じで)。

今さら聞けない、2つの人気ゲームの特徴とは?

『レイトン教授シリーズ』は、2007年2月の発売以降、5作のソフト、ソーシャルゲームを発表し、2009年にはアニメ映画も公開したとナゾトキ・ファンタジーアドベンチャーゲーム。ひらめきや、発想の柔軟さが大切になるナゾ(パズル)などのゲームに、エルシャール・レイトンを主人公にしたストーリー要素も加わっている。「ナゾ解明!」と無事にクリア出来た時のスッキリ感がすごい。

『逆転裁判シリーズ』は、2001年10月の発売以降、スピンオフ作品『逆転検事』を含め7作のソフトを発表し、2009年には宝塚公演、2012年には実写版映画が公開された法廷バトルアドベンチャーゲーム。弁護士、成歩堂龍一と共に事件の謎を解く為に証拠を集めたり、法廷で検事と戦ったり。ゲーム自体の面白さはもちろん、なるほどくんを中心とする魅力的なキャラクター達の人気が高い。

※上記に使用した画像は共に『レイトン教授VS逆転裁判』の物です。

『レイトン教授VS逆転裁判』の物語はこうして始まる

『レイトン教授VS逆転裁判』は、異世界・ラビリンスシティでの魔女裁判というオリジナルの物語に、レイトンと成歩堂、そしてレイトンの自称一番弟子・ルークと成歩堂の相棒・真宵が挑んでいくという設定。

レイトンの前に突然現れる、“マホーネ”という少女。彼女は恐ろしい魔女に追われており、一度はレイトンが助けるも、結局見失ってしまい、マホーネを追ううちにラビリンスシティに迷い込んでしまう。

1 2 3次のページ
ゲーム通信の記事一覧をみる

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。