ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マカフィー、Android向けセキュリティアプリ「McAfee Mobile Security」の機能強化版をリリース、Android 4.1に対応、アプリUIを刷新、アプリの起動をロックできるプライバシー保護機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マカフィーは12月14日、同社がAndroid向け提供しているセキュリティアプリ「McAfee Mobile Security」の機能強化版v2.3.0.450をリリースしました。今回のアップデートでは、Android 4.1(Jelly Bean)への正式対応、アプリUIの刷新、アプリの起動をロックできるプライバシー保護系の新機能が追加されました。アプリロック機能は、アプリを起動する際、McAfee Mobile Securityで使用するPINを入力しなければ起動できないというもので、「アプリ安定性評価」メニューより利用設定・解除することができます。ロックはアプリごとに設定することも、全てのアプリを一括で設定・解除することができます。アップデートでは上記のほか、パフォーマンスの向上、メモリ使用量の低下やバッテリー消費の抑制を図る変更も行われています。「McAfee Mobile Security」(Google Playストア)Source : マカフィー



(juggly.cn)記事関連リンク
ZTE、CES 2013で新フラッグシップ「ZTE Grand S」を発表予定
カラー液晶と電子ペーパーディスプレイの2画面スマートフォン「YotaPhone」のデモ映像
Googleカレンダーの公式Androidアプリがアップデート、予定の作成と通知に関する新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP