ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤川球児、カブス入団も「エンゼルスとこの2チームで悩んだ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

13日、フジテレビ「すぽると!」には、阪神タイガースの絶対的守護神として活躍し、今オフにFAでシカゴカブスへの移籍を果たした藤川球児が生出演した。

メジャーを意識するようになった時期を訊かれると、「2007年といいますか、そのオフに契約交渉の場でメジャーリーグにチャレンジしたいと。そのときは夢のような、遠い目標だったんですけど。だんだんそれが近づいてくるにつれては、寂しいような、葛藤はありましたね」と答えた藤川。挑戦するモチベーションを、「プレーヤーとして、今まで以上に伸びる要素を見つけたいというか、まだ見ぬトップクラスというところで勝負したい」と語った。

また、カブスを選んだ理由については、「正直なところでいいますと、エンゼルスとこの2チームで悩んだんです」と切り出した藤川。「エンゼルスだとセットアッパー。カブスだとセットアッパーからクローザーまで。自分に対して、まだまだ勝負をかけていく。そういうチャンスがあるというふうに判断しました。だいぶ実績のないところに行きますので、決まったポジションよりも、自分で成長できるっていうのを見つけた」と説明。

メジャーでの投球スタイルについては、「全ての可能性といいますか、どんなピッチングスタイルになっても、結果を出さなければ。そういう意味で0の状態。これから1がはじまる。色んな球種を、シーズン中に投げてきたので、少しでも活きてくれば。はっきりしたことはいえないです」と苦笑いを浮かべた藤川だったが、その核となるのは、「ストレートとフォークになると思うんですけど。やっぱりストレートなのかなと」と話した。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7232405/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP