ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニコ生配信ツールがバージョンアップ NLEことNiconico Live Encoderがアップデート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ニコニコ動画のユーザー生放送を行う際に利用する公式配信ツールであるNLEことNiconico Live Encoder(Windows用アプリ)がバージョンアップしてVer2.0(β)となった。ニコニコ生放送を配信するには、FMLE(Flash Media Live Encorder)やXsplit、ManyCamといった外部配信ツールがあり、これにニコ生デスクトップキャプチャー(NDC)やSCFHDSFといったキャプチャーツールを組み合わせることで、様々な配信を行うことが可能になっている。こうしたユーザー生放送関連のツールとしてはBNLEが唯一の公式ツールであると言えるのだ。

■「Niconico Live Encoder」アップデート一覧
NLEは、ニコニコ生放送を簡単に、しかも高画質で配信することができるようになっている。それもそのはずで、ゲーム系配信の定番ともいえるSplitmediaLabsが提供する生放送配信ツール「Xsplit」をベースにして開発され、ニコニコ生放送に特化したカスタマイズと向けのUI(ユーザー・インターフェイス)を実現している。バージョンアップによって何が変わったのかを紹介しよう。

1)新ユーザー・インターフェイスの採用
利用しているブラウザサイズに合わせ、ステージサイズの変更に対応した「フルモード」と「コンパクトモード」の選択が可能になった。コンパクトモードは画面サイズの小さいノートで外配信を行う際に便利だろう。また、シーンの切り替えが同画面上で簡単に行えるようになった。

ニコ生配信ツールがバージョンアップ NLEことNiconico Live Encoderがアップデートコンパクトモード

2)配信設定とエンコード設定の高度なプリセット化
ユーザーが目的や配信機材のスペックに合わせて配信設定、エンコード設定がより詳細に行えるようになった。CPUのパフォーマンスが高く、なおかつ回線が高速な環境では、なるべくビットレートをギリギリまで上げた高画質配信が可能だ。逆に低スペックなPCや回線環境だと、放送画面がプツプツ切れたり、画面が止まってしまう(いわゆるtmt)場合がある。こうした環境に合わせたプリセットが用意されている。

ニコ生配信ツールがバージョンアップ NLEことNiconico Live Encoderがアップデート詳細設定にプリセットが用意されている

3)テキスト対応
ステージ(配信画面上)に任意のテキストを字幕のように表示することが可能になった。上部に表示される運営コマンドとは異なり、配信画面上に好きなテキストを入力して表示できる。雑談系の配信なら、話のテーマを入力してみたり、凸待ち用のスカイプID等を表示させるなんてことも簡単にできるわけだ。

4)チャンネル生放送に対応
ブロマガ機能や生放送も可能なニコニコチャンネルで、ユーザー生放送を行う際でもNLEが利用できるようになった。

以上がアップデートのポイントだ。インストールならびに、各機能の詳細は特設ページが設けられているので参照してもらいたい。

■「Niconico Live Encoder」詳細
料金:無料
動作環境:Windows XP/Vista/7/8

特設ページ
niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

外部サイト

デスクでもNexus7使い放題!純正より安くて充電もデーター転送もできるスタンド【イケショップのレア物】
ビタミンCを寝ながら浴びる!アンティバックジャパン、「ビタミンシャワー2」を発表
年内でどこまで広がる? 東京メトロ路線で携帯サービスの新路線追加とエリア拡大

(http://news.livedoor.com/article/detail/7232092/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。