体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デスクでもNexus7使い放題!純正より安くて充電もデーター転送もできるスタンド【イケショップのレア物】

数あるAndroidタブレットの中でもNexus 7人気は相変わらず高く、筆者の周囲でも気づかない間にNexus 7ユーザーが一気に増えている。Nexusシリーズは、高いハードウェアスペックに加えて価格が安いだけでなく、Googleのリファレンスモデルという位置づけからAndroidOSの最新バージョンが使えるという点も大きな魅力だ。

最初はAndroid 4.1だったが、Android 4.2のアップデートがすぐに公開され、現在は最新となるAndroid 4.2.1にアップされている。最新バージョンでは、基本アカウントがマルチユーザー化されるなど着実に進化している。

また最新版でバッテリーの持ちも改善されたと言われている。Nexus7の内蔵バッテリーは、スマートフォンの2000mAh台にくらべれば、約2倍も多い4325mAhが搭載されており、メールやSNS、Web閲覧などの一般的な利用であれば、朝、満充電状態で自宅を出てれば夕方に戻るまでバッテリーが持つ人も多いだろう。

そうは言ってもバッテリーは、使えば必ず減っていくものだし、充電は定期的に必要だ。Nexus 7はmicro USBケーブルとUSB-ACアダプターが同梱されているので、いざとなれば外出先で充電したり、データーをPCに転送したりできるわけだが、いちいちACアダプターとケーブルを接続するのは面倒だ。また平置きで充電すると場所をとるのでスマートでもない。

デスクや自宅で使うことも多いタブレットは、クレードルや充電スタンドを併用すれば充電中も利用できるので便利さが一気にアップする。Nexus 7は純正クレードルが入手可能となっているが、3千円台と、クレードルとしては、結構な値段だ。そして充電するには横置きでしかクレードルに置けないという難点もある。

縦置きで充電し、デスクでも使えて、なおかつ純正クレードルより安い充電スタンドが欲しい。そんな筆者のようなNexus 7ユーザーの欲求を満たしてくれるのが、今回紹介する「チャージング ステーション Nexus 7」だ。

■構造はいたってシンプル、microUSBケーブルとスタンドが一体化
この製品は、Nexus 7を立てるスタンド本体があって、それに充電機能が搭載されている。具体的にはスタンド中央部分にmicroUSBの端子が出ておりNexus 7のmicroUSBポートにその端子を装着して固定、スタンド底面の背面から約1.2メートルほど伸びているUSBケーブルをPCのUSBポートに接続するか、付属のUSB-ACアダプターに接続することで充電が開始されるようになっている。なお、LEDが内蔵されているが、これは充電状態を確認するためではなく、充電スタンドがPCやUSB-ACアダプターに接続されているかどうかをチェックするためのものだ。

デスクでもNexus7使い放題!純正より安くて充電もデーター転送もできるスタンド【イケショップのレア物】中央部分にmicroUSB端子とLEDが搭載されている。 デスクでもNexus7使い放題!純正より安くて充電もデーター転送もできるスタンド【イケショップのレア物】本体底部の背面から1.2メートルほどUSBケーブルが伸びている デスクでもNexus7使い放題!純正より安くて充電もデーター転送もできるスタンド【イケショップのレア物】このLEDはスタンドに電気が来ているかを確認するもの。

■シャレたデザインと適度な角度でNexus 7にジャストフィット
チャージャースタンドへの装着は簡単だ。Nexus 7のmicroUSBポートにチャージャースタンド側のmicroUSB端子を装着するだけだ。設定で充電中のスクリーンセーバを時計にしてみたり、一定時間でフォトスタンドになるように設定しておくといいだろう。

デスクでもNexus7使い放題!純正より安くて充電もデーター転送もできるスタンド【イケショップのレア物】こんな感じで適度な角度がつけられている。 デスクでもNexus7使い放題!純正より安くて充電もデーター転送もできるスタンド【イケショップのレア物】Nexus 7装着時の背面側は、こんな感じだ。
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。