体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イルミネーションを見ながら響&山崎を“1杯200円”で楽しむ『WHISKY HILLS 2012』開催中

昔は大人の男性が愛飲するイメージが強かったウイスキーも、ハイボールブームや低糖質ダイエットの影響で、今では女性に大人気。レストランやバーではもちろん、自宅で楽しむ方も多いのでは? 筆者も1年ほど前からウイスキーを飲みはじめた1人。最初は水割りやソーダ割専門でしたが、ハマっていくうちに最近ではロックやストレートで楽しむことも。

そうすると、『山崎』や『白州』、『響』などのちょっとリッチなウイスキーを味わってみたくなるもの。クリスマスムードに包まれ、多くの人々でにぎわう六本木ヒルズで、現在ウイスキーを楽しむイベント『WHISKY HILLS 2012』が開催中。有名ウイスキーを“1杯200円”で楽しめることで、特に人気だという『WHISKY & ILLUMINATION』に行って、憧れのウイスキーたちを味わってきました。

六本木ヒルズにつくと、色々な所に『WHISKY HILLS 2012』の飾りつけがされており、大人な雰囲気。『WHISKY & ILLUMINATION』では、イルミネーションを眺めながら、『山崎』『白州』『響12年』『角瓶』『ザ・マッカラン ファインオーク12年』の5銘柄のハイボールやホットウイスキーを1杯200円で飲むことができます。

開催場所は、東京メトロ日比谷線の六本木駅から直結してすぐ、高くそびえる六本木ヒルズ森タワーのふもと、“66プラザ”です。六本木ヒルズの象徴とも言える、巨大なクモのアート“ママン”のすぐそばです。この“66プラザ”でこうしたイベントが行われるのは珍しいこと。好アクセスなので、待ち合わせで利用する人も多いのだとか。

『WHISKY & ILLUMINATION』についたら、『山崎』『白州』『響12年』『角瓶』『ザ・マッカラン ファインオーク12年』の5銘柄から好きなウイスキーを選びます。飲み方は、ストレート、ロック、ハイボール、水割り、そして冬にオススメのホットウイスキー。

筆者がまずいただいたのは『響12年』のホットウイスキー。お酒が好きな方ならお分かりだと思いますが、あの『響12年』を200円で味わえちゃうなんて嬉しい驚きですよね。

『WHISKY & ILLUMINATION』の横には、樽の形のテーブルがいくつも並んでいて、体を温めてくれる暖房器具も設置されています。ベンチに座って飲むも良し、サクっと1杯飲んで食事やお買い物、映画鑑賞に向かうも良し、好きに使うことができます。

それでは、さっそくいただきます! そのままでも薫り高い『響12年』、お湯の温度でさらに香りが広がり、幸せな気持ちになります。一口味わうだけで、その温かさが体にしみこみ、ポカポカとしてきます。

せっかくのウイスキーですから、景色を楽しみながらいただきましょう。この丸くてキラキラしたイルミネーションは、時間が経つとゆっくりと透明から琥珀色に色が変化していき、グラスに注がれたウイスキーのようです。ゆっくりと色づく光はまさにトクトク……と注がれるウイスキーの様で美しく、道行く大勢の人が記念撮影をしていました。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。