体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かんたん操作ですぐできる!ソニー製のAndroidを搭載した最新のWALKMAN「ウォークマン F」の初期設定とリセットの方法を画像で解説【ハウツー】

10月20日に発売されたソニー製「WALKMAN」の最新モデル「ウォークマン Fシリーズ」はAndroid 4.0を搭載し、音楽プレーヤーとしてだけではなく、動画やWebの閲覧、メール、ナビ、Facebook、Twitterなどさまざまなアプリを使ってスマートフォンライクに利用ができるプロダクトです。

今回は、ウォークマン Fを購入した後、まず最初に行う初期設定の操作方法解説します。前回の動画解説とあわせて参考にしてください。

前回もお伝えしようにAndroid搭載のスマートフォンやタブレットとほとんど同様の操作となります。これまでにAndroidを搭載したスマートフォンやタブレットで初期設定をしたことがある方なら同じような操作でできますし、ウォークマン Fシリーズで初めて初期設定する方も、今後Android搭載のスマートフォンやタブレットを購入した際にあまり迷うことなく初期設定できるようになるでしょう。

Screenshot_2009-02-04-03-43-29

最初の画面
ウォークマン Fの電源を入れると上記のような画面が一番最初に表示されここから初期設定を開始します。「日本語」の部分をタップすると「English」「日本語」の選択ができます。言語を選んだら「開始」をタップします。

なお、初期設定の主な設定項目・手順は以下の通りになります。

1:言語設定
2:無線LANの設定(スキップ可)
3:日付と時刻の設定
4:Googleアカウントの設定-ログインor新規作成or設定しない(スキップ可)
5:Googleアカウントでログインした場合、有料アプリ購入のためのクレジットカード登録(スキップ可)
6:バックアップと復元の設定
7:位置情報の設定
8:所有者名設定
9:セットアップ完了

■言語設定と無線LAN(Wi-Fi)の設定

Screenshot_2012-11-03-02-39-30 Screenshot_2012-11-03-02-39-38

Wi-Fiの設定(左)と日時の設定(右)
ウォークマン Fでは無線LAN(Wi-Fi)機能を利用してインターネットができます。これにより、Webの閲覧、メールの送受信、各種アプリのダウンロードなどができます。初期設定を開始してまず最初に、この無線LANの設定を行います。

自宅やオフィスの光回線などのインターネット回線を利用している場合は、無線LANルータ、モバイル通信事業者の回線でモバイルWi-Fiルータ、もしくはスマートフォンなどのテザリング機能を使う場合はその機器を用意し、該当するSSIDを選択し、パスワードを入力します。

すぐネットに接続しない場合は、「スキップ」をタップして設定しないまま次に進むこともできます。

次の画面では、時間を設定します。時間設定ができたら「次へ」をタップします。

■Googleアカウントの設定

Screenshot_2012-11-03-02-39-46

Googleを利用する

Screenshot_2012-11-03-02-39-53 Screenshot_2012-11-03-02-40-01

新規アカウント作成(左)とログイン(右)
「Googleを利用する」の画面では、「ログイン」「アカウントを作成」「今は設定しない」のいずれかをタップします。Googleのアカウントを作成してウォークマン Fに設定することで、ウォークマン Fがネットに接続されていれば、Gmailやパソコンのメール送受信やアプリのダウンロードができます。

つまり、メールもインターネットもアプリのダウンロードもしない、ネット経由で楽曲の購入、ダウンロードもしないという場合は、先の無線LANの設定やこのGoogleアカウントの設定はしなくてもよいことになります。

しかし、わざわざウォークマン Fを選んで購入したのであれば、いずれ設定することになると思うのでGoogleアカウントを持ってない人もここでサクッとアカウント作成をしておきましょう。

新規でGoogleアカウントを作成する場合は、「アカウントを作成」をタップして、名前(ニックネームでも可)、メールアドレス、秘密の質問などの項目を入力していくとすぐにアカウントが作成できます。

既にGoogleアカウントを持っている場合は、「ログイン」をタップした後、Gmailのアドレスとパスワードを入力すればすぐにログインできます。

Screenshot_2012-11-03-02-40-32 Screenshot_2012-11-03-02-40-41

ログイン中の画面(左)と支払い設定の画面(右)
ログイン後は、「購入可能にする」の画面に推移して、ここでクレジットカードの登録ができます。このクレジット情報はどこに登録されるのかというと。Googleのアカウントに紐付けられます。急に何か買わないといけないという訳ではありません。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。