ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、2013年春モデル8〜9機種投入と報道!下り最大112.5Mbpsのスマホも3〜4機種発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


写真は2012年冬モデルのもの。
日刊工業新聞は12日、NTTドコモが「2013年春モデル」としてスマートフォン(スマホ)やタブレットを8~9機種投入すると報道しています。

また、これらの春モデルには、2013年2月以降に下り(受信時)最大112.5MbpsのLTE規格におけるUE Category4に対応したスマホを3~4機種投入するということです。さらに、このLTEによる高速通信サービス「Xi(クロッシィ)」のエリア拡大も進めており、他社に対抗していくとのこと。

 NTTドコモは2013年2月以降に、受信時の最大通信速度が光回線並みとなる毎秒112・5メガビットのスマートフォン(多機能携帯電話)を3―4機種投入する。

 高速無線通信規格「LTE」を採用した「Xi(クロッシィ)」サービスで、現行の3倍の通信速度で利用できるエリア拡大を進めている。来春商戦はこれよりも一段と高速化した端末を投入して、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を販売するソフトバンクやKDDIに対抗する。

 ドコモは13年春モデルでスマートフォンやタブレット端末(携帯型情報端末)など8―9機種投入する。高速通信のサービスエリア拡大に合わせて、春モデルのうち受信時の通信速度が下り最大毎秒112・5メガビットのスマートフォンを投入。これまでは下り最大毎秒37・5メガビットのスマートフォンが主力だった。

記事では、KDDIやソフトバンクモバイルがアップルのスマートフォン「iPhone」を投入していることで、NTTドコモが劣勢に立っており、それに対抗する形で、高速化のメリットを訴求し、春商戦におけるスマートフォンの販売促進につなげたい考えだとしています。

すでに、下り最大112.5Mbpsの高速通信サービスを利用できるエリアを新潟、金沢、松山、高松、高知、徳島、那覇など10都市で提供しており、インフラ整備に取り組んでいますが、2013年度には札幌、仙台、広島など50都市以上、2014度以降には東京、名古屋、大阪にも拡大する計画となっています。

なお、LTEのUE Category4は20MHz幅×2で、下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsとなりますが、NTTドコモでは帯域幅を最大で1.5GHz帯(B21)における15MHz幅×2までしか取れないため、現状では、下り最大112.5Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsとなっています。

記事執筆:S-MAX編集部

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
ドコモ、光回線並み高速のスマホ春モデル-112.5メガLTE対応:日刊工業新聞

外部サイト

ソフトバンク、2013年春モデルのスマホ「AQUOS PHONE Xx 203SH」のディスプレイを「IGZO」に変更へ
NTTドコモ、ゲームコンテンツ「dゲーム」を12月13日から提供開始!他社のAndroidやiOS搭載スマホ・タブレットやケータイでも遊べる
NTTドコモ、2013年春モデル8~9機種投入と報道!下り最大112.5Mbpsのスマホも3~4機種発売へ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7228251/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP