ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹内まりや、新曲“たそがれダイアリー”が2013冬ドラマ「おトメさん」主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

テレビ朝日系で2013年1月にスタートする連続ドラマ「おトメさん」の主題歌を、竹内まりやが担当することがあきらかとなった。

「おトメさん」は、「GOOD LUCK!!」「白い巨塔」「14才の母」などの人気作で知られる脚本家の井上由美子がオリジナル・ストーリーを書き下ろした、現代ならではの嫁姑の関係をコミカルかつサスペンスタッチで描く新感覚ドラマ。嫁が何らかの理由で家庭を崩壊させようとしていると確信し、それに立ち向かおうとする〈孤立無援の姑〉を黒木瞳、怪しい素性を隠し持った〈姑をいびる怖い嫁〉を相武紗季が演じるほか、石田純一、郭智博、大地康雄、鈴木砂羽といったキャストが出演する。

脚本を担当する井上からの熱烈なラヴコールを受けた竹内は、ドラマの企画書に目を通した後にこの申し出を快諾。主題歌として新曲“たそがれダイアリー”を書き下ろしたという。ドラマは嫁姑問題を軸とした家族の再生がテーマとなっているが、“たそがれダイアリー”ではそれを〈熟年を迎えた夫婦の再生〉という形で表現してみたとのことだ。この楽曲は、竹内のニュー・シングルとして2013年2月20日にリリースされることが決定。表題曲とそのオリジナル・カラオケを収録したワンコイン・シングルとなる。ファンはドラマの開始と併せて到着を楽しみにしておこう!

 

竹内まりや コメント

今までにはないサスペンスフル・コメディー・ドラマ、「おトメさん」。
井上由美子さんのリアルで絶妙な脚本にすっかりハマった私は、一人の50代
女性として大いに感情移入しながら今回の主題歌を書かせていただきました。
主婦として家庭をしっかりと守り生きてきた主人公が、息子の嫁に翻弄され
疑惑にさいなまれる展開を通して浮き彫りになっていくのは、現代の熟年女性
が抱える孤独や不安であり、滑稽なほどけなげな姿でもあります。
ドラマでは嫁姑関係を軸にした家族の再生がテーマとなっていますが、
それを〈熟年を迎えた夫婦の再生〉という形で歌に表してみました。
女性が潜在的に抱えている不満や孤独感を描くと同時に、夫婦で積み重ねて
きた大切な生活への想いや、人生のたそがれ時を共に迎えようとしている
今への想いを散りばめつつ、波乱や紆余曲折を経てもなお愛おしいと思う
パートナーへの愛情を綴ったこの“たそがれダイアリー”が、素敵なドラマと
共に皆さんの心に届くことを願っています。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP