ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

じわっと胸が熱くなる 複合機に宿る妖精“コニカミノルタマン”のウェブドラマに新作! 『いちばんはじめの社員』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


あの“泣けるウェブドラマ”に新作が登場――コニカミノルタは、複合機に宿る妖精“コニカミノルタマン”のウェブドラマ『コニカミノルタマン』の第2弾『コニカミノルタマンII いちばんはじめの社員』を、2012年12月12日より『YouTube』で配信しています。今回は、若手起業家の成長と成功を陰で支えるコニカミノルタマンの姿を追いかけます。


コニカミノルタマンは、コニカミノルタの複合機に宿る妖精。前作『コニカミノルタマン』は『YouTube』で14万回を越える再生回数を記録し、「泣ける」「ホッとする」と話題になりました。今回は、コニカミノルタマンが、起業したばかりの若き主人公・タツヤを陰でそっとささえて成長と成功を見守っています。


会社を辞めて独立し、新しいオフィスで「この会社、でっかくするんだ」とつぶやくタツヤに静かにうなずくコニカミノルタマン。成功したときも、失敗したときも、タツヤに寄り添いながらその姿を見つめ応援し続けます。そんなコニカミノルタマンの思いを知っているかのように、会社が大きく成長した後も古くなったコニカミノルタの複合機を使い続けるタツヤにも、なんだかじわっと胸が熱くなります。


耐用年数を超えたコニカミノルタマンが、成功したタツヤに初心を思い起こさせて次世代へと思いをつなぐラストシーンも秀逸。人とモノの見えない心の交流は、切なくもハートウォーミングです。モノにも心があるのなら、こんな風に私たちを支えてくれているのかもしれません。


『コニカミノルタマン』は、「モノ(=製品)からコト(=ソリューション)へ」そして、「コト(=ソリューション)を通じてお客さまの役に立ちたい」というコニカミノルタの思いを体現するものだそう。動画の最後には次回作があることが示唆されています。今度は、どんな人の前にコニカミノルタマンが現れるのか楽しみですね。

コニカミノルタマンのような妖精が複合機のなかにいることを想像すると、毎日使っている複合機をはじめとしたデジタル機器にも温かさが感じられそうです。コニカミノルタマンのYouTubeページでは、『リアルコニカミノルタマン』としてコニカミノルタの社員からのメッセージ動画も紹介。そちらも別な意味でちょっと泣ける動画ですのでぜひ!

コニカミノルタマンII いちばんはじめの社員(YouTube)
http://www.youtube.com/user/KONICAMINOLTAMAN

コニカミノルタマンFacebookページ
http://www.facebook.com/KONICAMINOLTAMAN[リンク]

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP