ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペニーオークション運営者逮捕、宣伝に加担したタレントたちの対応は・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7日、ペニーオークションサイト「ワールドオークション」の経営者らが、商品を落札できないシステムを作り、参加者から手数料を騙し取ったとして、京都・大阪両府警に逮捕された。

このペニーオークションは、これまで実に多くの人気タレントが自身のブログで紹介しており、実際に落札した金額や商品を掲載したことでも大きな話題になっていた。

だが、今回の事件が伝えられると、これまで自身のブログでペニーオークションを紹介してきたタレントたちは、相次いで該当記事を削除。宣伝目的のため、実態のない架空の取引を、あたかも事実のようにブログに掲載した可能性が高まり、ネット上でも大きな話題となっている。

事実、これを伝えた各メディアの記事によると、ある女性タレントは、警察の調べに対し「知人から『30万円でアルバイトをしないか』と持ちかけられ、落札していないがブログに書いた」と説明したという。

前述した通り、この女性タレントの他にも、「ペニーオークションで信じられない価格で落札した!!」などとブログに書き綴ったタレントは大勢おり、ネット掲示板では、「バカだなwwこういうの怪しいって思わなかったのかね。周りの人間も忠告してあげればいいのに」「仕事(ステマ)と呼ぶか、詐欺荷担と呼ぶべきか微妙なラインだな」といった声のほか、「詐欺幇助か。このタレントを信じて騙された被害者もいるんだろうな」「もちろん逮捕するんだよな?いい加減芸能人だからって甘い顔すんな!!」などと厳しい声も相次いでいる。

言わずもがな、タレントのブログはそのファンの閲覧率が最も高く、影響も受けやすい。すでに様々なまとめサイトで、そのタレントたちは該当するブログの内容とともにリストアップが成されている。タレントたちが煽ったことによって、ペニーオークションを行ったファンは大勢いただろう。サービスの実態を知らなかったとはいえ、該当するタレントたちがファンに対し、どのような対応を見せるのか。大きな注目が集まっている。

【関連記事】
「ペニーオークション詐欺 摘発サイトで落札 タレントがブログに紹介
芸能人ブログの宣伝効果は下火? オークション詐欺事件で明るみに…

【関連情報】
ステマよりひどいペニーオークション事件!削除されたアメブロ芸能人日記の魚拓リンク(ほしのあき・東原)
ペニーオークション運営で4人逮捕。しかし、実際に激安で落札したと主張する芸能人22人をまとめてみた

(http://news.livedoor.com/article/detail/7226705/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP