ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界的なシタール奏者、ラヴィ・シャンカールが92歳で死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ラヴィ・シャンカール、ジョージ・ハリスン
『Collaborations』ジャケット画像

世界的なシタール奏者として知られるラヴィ・シャンカールが、12月11日にサンディエゴの病院で亡くなった。享年92歳。米メディア〈Billboard〉が伝えたところによると、彼は先週の木曜に心臓弁の置換手術を受けていたものの、その回復が思わしくなかったという。

20年にインドのワーラーナシーに生まれた彼は、38年に北インドの伝統楽器であるシタールを学び始め、60年代にはジョン・コルトレーンと交流、69年に〈ウッドストック〉出演を果たすなど世界を舞台に活躍。ビートルズのジョージ・ハリスンが彼にシタールの奏法を師事したことや、作曲家のフィリップ・グラスらとのコラボレーションをはじめ、インド音楽の枠に留まらないざまざまなジャンルのアーティストに影響を及ぼした。これまでにグラミー賞を3度受賞しており、先日に発表された第55回のグラミーでも、最新作『The Living Room Sessions Part 1』が〈Best World Music Album〉にノミネートされたばかりだった。また、彼はジャズ・ピアニスト/シンガーのノラ・ジョーンズの父親としても知られている。

謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP