ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フルカラー液晶と電子ペーパーディスプレイを併せ持つLTE対応のAndroidスマートフォン「YotaPhone」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロシアでWiMAXとLTEによるモバイルブロードバンドサービスを提供している Yotaが、フルカラーの液晶ディスプレイとEインクの電子ペーパーディスプレイを併せ持つ独特な仕様のAndroidスマートフォン「YotaPhone」を発表しました。一般的なスマートフォンと似たデザインの筐体の前後に4.3インチのディスプレイが搭載されています。片方はJDI製のHD液晶、もう片方はEインク製の電子ペーパーディスプレイで、両ディスプレイはリンクしており、ユーザ側で適宜表示を切替えることが可能。動画やゲームはLCDで、電子書籍の閲覧やSNSの更新情報・予定などの表示に反対側のEPDが適しているとされています。YotaPhoneのスペックは以下の通り。最新OSを備えたハイスペックスマートフォンですね。LTEにも対応しています。発売時期は2013年下半期中で、来年2月25~28日にスペインで開催される「MWC 2013」で披露されるとのことです。 OS:Android 4.2(Jelly Bean) サイズ:131mm×67mm×9.9mm、質量140g ディスプレイ:4.3インチ1,280×720ピクセルのJDI製LCD、Eインク製4.3インチEPD、3Dゴリラガラス採用 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコア メモリ:RAM 2GB、ROM 32/64GB カメラ:背面に1,200万画素CMOS、前面にHDカメラ 通信機能:Wi-Fi 、Bluetooth、NFC、2G/3G/LTE(Band 3、7、20) バッテリー容量:2,100mAhSource : YotaEngadget



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、ゲームサービス「dゲーム」を明日12月13日より提供開始、iPhoneや他社のスマートフォン・フィーチャーフォンでも利用可能
トレンドマイクロ、Android向けバッテリー管理アプリ「トレンドマイクロ バッテリーエイド」の商用提供開始、価格は1年版ライセンス630円~
Sony、Xperia Tablet S国内モデルにAndroid 4.0.3(release6b)へのアップデートの提供を開始、SDXCカードに正式対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP