ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トレンドマイクロ、Android向けバッテリー管理アプリ「トレンドマイクロ バッテリーエイド」の商用提供開始、価格は1年版ライセンス630円~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トレンドマイクロは12月12日、同社が今年10月2日にベータ提供を開始したAndroid向けバッテリー管理アプリ「トレンドマイクロ バッテリーエイド」の製品版(プレミアム版)の提供を開始しました。

バッテリーエイドは、電話とSMS以外の通信機能(自動同期)を一括でOFFにしたり、本体設定を変更することで消費電力の削減を図ることや、バッテリーの残り時間を一目で確認することができるバッテリー管理アプリ。アプリごとにバッテリー消費量を自動で判定できる機能も備えています。

ベータ版では、すべての機能が無料で提供されていましたが、製品版になってからほとんどの機能は有料(ライセンス形式)になりました。価格は、1年版ライセンスが630円、2年版ライセンスが1050円。ライセンスはアプリの「プレミアム」タブのアプリ内課金機能を通じて購入することができます。アプリインストール後30日は体験版として期間限定でプレミアム版の全ての機能が無料で利用でき、期間終了後も「電話専用モード」機能や「バッテリー消費の最適化」機能は無料で利用できます。

バッテリーエイドの対応機種は、Android 2.2/2.3/4.0/4.1/4.2を搭載した端末。

「トレンドマイクロ バッテリーエイド」(Google Playストア)

Source : トレンドマイクロ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、Xperia Tablet S国内モデルにAndroid 4.0.3(release6b)へのアップデートの提供を開始、SDXCカードに正式対応
Google、米国版Googleニュースのタブレット向けUIを刷新、スワイプ操作でセクション間の移動が可能になるなどジェスチャー操作にも対応
動画サービス「Hulu」の国内向けAndroidアプリがNexus 7でも利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP