ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、米国版Googleニュースのタブレット向けUIを刷新、スワイプ操作でセクション間の移動が可能になるなどジェスチャー操作にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがGoogleニュースのタブレット向けUIを刷新すると発表しました。今回の変更では、タブレットを使って雑誌や新聞をめくるのに近い感覚で利用できるように改善を施したとのことです。主な変更としては、セクションが画面上部にタブで表示されるようになり、スワイプ操作でセクション間を移動できるようになったこと(ビジネスからエンタメとか)。表示されている記事の下に「Explore in depth」ボタンを追加しボタンのタップで同じ話題を取り扱う別のニュース記事を一覧できるようになったこと(スマートフォン版の「ニュース提供元をもっと表示」ですね)、さらに、記事間の余白を拡大し、記事を見分けやすくなったことが挙げられています。この変更は、米国版Googleニュースに対して今後数日にわたって適用されるとのことです。他国版への導入予定は明らかにされていません。Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
動画サービス「Hulu」の国内向けAndroidアプリがNexus 7でも利用可能
KDDI、「AQUOS PHONE SERIE SHL21」と「ARROWS ef FJL21」のソフトウェアアップデートを提供開始、SHL21はスマートフォンと通信するG-SHOCKが利用可能に
英Cloveが「HTC One SV」(SIMロックフリー)の予約受付を開始、価格は£291(約38,700円)で来年1月上旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP