ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

事故が心配な橋 静岡でワイヤー切れ寸前で通行止めケースも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中央自動車道・笹子トンネルの崩落事故は9人の死者を出す大惨事となり、全国的に古い建造物の危険性が指摘されているが、危険なのはトンネルだけではない。

 関西大学社会安全学部教授で社会安全研究センター長を務める河田恵昭氏は、一番事故が心配なのは、橋だと指摘する。

「橋は、設計時にどれぐらいの交通量があるかを予測・想定して造られていますが、どの橋も通過交通量が当初の想定を大幅に超えている。だから耐用年数が設計どおりにはもちません。一番怖いのは、設計荷重を上回るトラックが何回も走ることで、疲労破壊が引き起こされる可能性があることです」(河田氏)

 国土交通省によると、全国に15万余りある橋のうち、築50年を超える橋は、現在1万5000か所あるが、10年後には約4万か所にも達するという。

 東洋大学経済学部教授で、インフラ老朽化問題の第一人者の根本祐二氏は語る。

「今年4月には静岡県浜松市にある原田橋というつり橋が、ワイヤーが切れる恐れがあるということで通行止めになりました。天竜川にかかる橋で、それを迂回するとなると1時間以上かかる重要な橋ですが、生命の安全のほうが大事ということで使用停止にし、最終的には架け替えるという声明を市長が出しました」

 老朽化を見越して危険を未然に防いだわけだが、同様に不安材料を抱えた橋は他にもある。

 例えば、徳島県徳島市の吉野川大橋は今年1月に路面下の鉄板を補強している部分に240か所もの亀裂が見つかった。また、栃木県足利市の中橋や、神奈川県平塚市の花水川橋などは、架け替え工事が検討されている。このような橋は日本中に多くあるのだ。

※週刊ポスト2012年12月21・28日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
5月21日の金環日食時刻 大阪7時28分、東京7時31分~
被災地定点観測【5】埋葬場の納体数はすでに300体を超えた
被災地定点観測【2】道路は舗装されたが津波の水が残る街

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP