ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の観光地 スキーや温泉より“ゆったり沖縄”の動き拡大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JTBが5日に発表した年末年始(12月23日~2013年1月3日出発)の旅行動向推計によると、金曜日となる2013年1月4日を休めば最大9連休となることや、円高ということもあり国内・海外旅行とも好調。海外旅行人数は過去最高を記録した1996-1997年の68万4000人に次ぐ65万7000人(前年同期比0.3%増)、国内旅行は2937万1000人の見込み(同1.3%増)だという。

 近畿日本ツーリストのブランド戦略室広報・原田淳子さんは、今年の年末年始の国内旅行の傾向について、連続休暇を利用し、アクティブなプランを計画する人が多いとする。

「今年オープンしたスカイツリーや渋谷ヒカリエ、お台場の巨大商業施設・ダイバーシティ東京 プラザなど東京の新名所が増えたことにより、地方からは、東京方面を検討するお客さまが増えています」

 東京は交通の便も良く、年末年始に営業している商業施設も多いことが人気。反対に首都圏からは、九州方面へは帰省をからめ、他県の温泉地に出向く傾向があるほか、沖縄に旅行に出かける人が前年比4割増にのぼるとのこと。

「冬でも暖かい沖縄は、レンタカーでの移動など、行動しやすいことから人気があります。ゴルフなどのアクティビティや、水族館が人気です」(原田さん)

マリンスポーツなど夏に行くイメージの強い沖縄だが、幅広い年代がさまざまな楽しみ方ができるとあって、冬の観光地としても需要が大きくなっている。那覇を拠点にすれば離島へ行くプランもたてやすく、今年は現在放送中の連続テレビ小説『純と愛』のロケ地、宮古島への関心も高い。また、最近はそうした観光スポットだけでなく、“沖縄ならではのゆったりとした時間”を求める人も多数。大型リゾートホテルではスパなど“ワンランク上の過ごし方 ”を提案する宿泊プランが充実し、女性やシニア層に人気だ。元ツアーコンダクターの中村真理子さんは、こう語る。

「自分の“故郷”ではなくても、沖縄には“ホッとできる”魅力があります。地元の人たちとの他愛ないやりとりや、沖縄に流れる時間のなかで自分をリセットできるところが、季節を問わず人気がある理由でしょう」

現地も、自らの魅力の発信に積極的だ。財団法人沖縄観光コンベンションビューローが運営する観光情報サイト「おきなわ物語」では、英語・中国語・韓国語など8か国後に対応。各リゾートホテルや民宿も、ウェブサイト以外にFacebook や ツイッターなどのSNSで情報を発信しているほか、現地の動画など、“よりリアルタイムな”情報を伝えるサイトも出てきている。例えば沖縄の旅行サイト「OKINAHOURS」では、地元のおばあが登場する動画を公開。三線が奏でる音楽や、おばあの話、現地の風景を写した動画で沖縄に流れる時空間を表現し、見る人を“沖縄タイム”に引き込む。

「今は若い世代にも、がつがつウインタースポーツを楽しむというよりは、“単にのんびりしたい”というニーズが高まっています。また、“これまではなかなか行くタイミングがなかった”というアクティブシニア層にも、沖縄は人気。訪れる人は、沖縄そのものに“パワースポット”的な何かを求めているのではないでしょうか」(中村さん)



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
紅白歌合戦出場者数は東京が1位 人口比では沖縄が1位
夏休み 旅行者はご当地ラッキー宝くじ売り場で買ってみては
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。