体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最後は全員で“ジン ジン ジングルベル”合唱! 〈T-Palette感謝祭2012〉レポ

 

 

12月9日に東京・品川ステラボールで、2012年の感謝を込めてタワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉のアイドルが集合し開催された〈T-Palette Records感謝祭2012〉。ここでは、レーベルのアーティストが勢揃いしたそのイヴェントの模様をレポートします!

晴天にも恵まれたイヴェント当日。満員の会場からの大歓声に包まれて、Tパレ関連の催しにはおなじみのプロ・インタヴュアーの吉田豪氏と、タワーレコードの代表取締役社長である嶺脇育夫が司会進行役として登場。社長から、今回は前回の3倍のお客さまにご来場いただいていること、ニコニコ生放送の中継が入っていること、そして、今回Tパレイヴェント初の女性専用エリアが登場していることが告げられ(社長も見て初めて知ったそう)、都度、会場からは温かい拍手や歓声が沸き起こります。「長丁場ですが、途中休憩もありますし、最後にはお楽しみも用意していますので、途中で帰らずに、最後までご覧になっていってくださいね!」と社長自ら盛り上げたところで、いよいよライヴがスタート!

 

ライムベリー

 

トップを飾ったのは、先日Tパレ参加が発表された、2011年結成のアイドル・ラップ・グループ、ライムベリー。DJ HIKARUがまず登場し、DJブースの前に立つとポーカーフェイスで「おいっす!」とごあいさつ。そして「ぽちっとな」とDJ機材のボタンを押すと、1曲目の“RHYMEBERRY IZ NO.1”がスタート。同時に、MCのMIRI、HIME、YUKAが元気に登場すると縦横無尽にステージをかけまわり、客席を煽りまくります。早耳の音楽ファンやDJなどからも注目を集める“HEY!BROTHER”の前には、「〈ねぇ、お兄ちゃん〉と私たちが6回言ったら〈すきー〉と言ってください」とコール&レスポンスの練習があり(DJ HIKARUはことごとくダメ出し(笑))、おおいに盛り上がるなど、パーティー・チューンの連続で会場を温めていく彼女たち。その合間には、“Ich liebe dich”の3MCミックスでメロウなライムを聴かせるなど、緩急のあるステージで客席を盛り上げました。ライヴ後のトークでは、吉田豪さんから「みんなから見て社長はお兄ちゃん?」と質問されると、「はい! お兄ちゃんです!」と即答し、「よく出来たコたちだねぇ~」と社長が目尻を下げる場面も。

 

アップアップガールズ(仮)

 

アップアップガールズ(仮)

そして「リハを見ただけで痺れた!」という社長からの紹介を受けて登場したのは、アップアップガールズ(仮)。“イチバンガールズ”で幕を開けると、自己紹介を挟み、12月5日にTパレからの第1弾シングルとして発売となった新曲“チョッパー☆チョッパー”を披露。途中、〈NO MUSIC, NO IDOL.〉とコール&レスポンスするパートなどもある、超絶攻めソングに会場のヴォルテージは早くも最高潮に。さらに“バレバレ I LOVE YOU”“夕立ち! スルー・ザ・レインボー”を挟んで披露された、“チョッパー☆チョッパー”の両A面シングル曲となっている“サバイバルガールズ”では、一糸乱れぬ激しいダンスと迫力の歌声に、曲が終わったあとの客席からは「かっこいい……」というつぶやきが聞こえてきました。休む間もなく“UPPER ROCK”“アッパーカット”と最後まで攻めのステージを見せてくれたアプガに、会場の温度が確実にあがったように感じました。

1 2 3 4次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会