ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最後は全員で“ジン ジン ジングルベル”合唱! 〈T-Palette感謝祭2012〉レポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

12月9日に東京・品川ステラボールで、2012年の感謝を込めてタワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉のアイドルが集合し開催された〈T-Palette Records感謝祭2012〉。ここでは、レーベルのアーティストが勢揃いしたそのイヴェントの模様をレポートします!

晴天にも恵まれたイヴェント当日。満員の会場からの大歓声に包まれて、Tパレ関連の催しにはおなじみのプロ・インタヴュアーの吉田豪氏と、タワーレコードの代表取締役社長である嶺脇育夫が司会進行役として登場。社長から、今回は前回の3倍のお客さまにご来場いただいていること、ニコニコ生放送の中継が入っていること、そして、今回Tパレイヴェント初の女性専用エリアが登場していることが告げられ(社長も見て初めて知ったそう)、都度、会場からは温かい拍手や歓声が沸き起こります。「長丁場ですが、途中休憩もありますし、最後にはお楽しみも用意していますので、途中で帰らずに、最後までご覧になっていってくださいね!」と社長自ら盛り上げたところで、いよいよライヴがスタート!

 


ライムベリー

 

トップを飾ったのは、先日Tパレ参加が発表された、2011年結成のアイドル・ラップ・グループ、ライムベリー。DJ HIKARUがまず登場し、DJブースの前に立つとポーカーフェイスで「おいっす!」とごあいさつ。そして「ぽちっとな」とDJ機材のボタンを押すと、1曲目の“RHYMEBERRY IZ NO.1”がスタート。同時に、MCのMIRI、HIME、YUKAが元気に登場すると縦横無尽にステージをかけまわり、客席を煽りまくります。早耳の音楽ファンやDJなどからも注目を集める“HEY!BROTHER”の前には、「〈ねぇ、お兄ちゃん〉と私たちが6回言ったら〈すきー〉と言ってください」とコール&レスポンスの練習があり(DJ HIKARUはことごとくダメ出し(笑))、おおいに盛り上がるなど、パーティー・チューンの連続で会場を温めていく彼女たち。その合間には、“Ich liebe dich”の3MCミックスでメロウなライムを聴かせるなど、緩急のあるステージで客席を盛り上げました。ライヴ後のトークでは、吉田豪さんから「みんなから見て社長はお兄ちゃん?」と質問されると、「はい! お兄ちゃんです!」と即答し、「よく出来たコたちだねぇ~」と社長が目尻を下げる場面も。

 


アップアップガールズ(仮)

 


アップアップガールズ(仮)

そして「リハを見ただけで痺れた!」という社長からの紹介を受けて登場したのは、アップアップガールズ(仮)。“イチバンガールズ”で幕を開けると、自己紹介を挟み、12月5日にTパレからの第1弾シングルとして発売となった新曲“チョッパー☆チョッパー”を披露。途中、〈NO MUSIC, NO IDOL.〉とコール&レスポンスするパートなどもある、超絶攻めソングに会場のヴォルテージは早くも最高潮に。さらに“バレバレ I LOVE YOU”“夕立ち! スルー・ザ・レインボー”を挟んで披露された、“チョッパー☆チョッパー”の両A面シングル曲となっている“サバイバルガールズ”では、一糸乱れぬ激しいダンスと迫力の歌声に、曲が終わったあとの客席からは「かっこいい……」というつぶやきが聞こえてきました。休む間もなく“UPPER ROCK”“アッパーカット”と最後まで攻めのステージを見せてくれたアプガに、会場の温度が確実にあがったように感じました。

ライヴ後のトークでは、先ほどのライムベリーとの〈お兄ちゃん〉トークに続き、アプガと社長の初対面の後、社長の印象を〈おじいちゃん〉と言われたと、それはそれで嬉しそう(笑)に振り返る社長に、アプガが謝り倒す場面も。彼女たちのステージがたっぷり2時間見られるワンマン・ライヴ〈アップアップガールズ(仮)2nd LIVE六本木決戦(仮)〉は、12月15日(土)に東京・ラフォーレミュージアム六本木にて開催。チケットは残りわずかということなので、気になった人は急いでゲットしてください!

 


lyrical school

 


lyrical school

そして次に登場したのは、清純派ヒップホップ・ユニットのlyrical school。8月にT-Paletteからリリースされたシングル“そりゃ夏だ!”で幕を開け、ami、ayaka、erika、mariko、mei、yumiによる掛け合いで、時に客席も巻き込みながら盛り上げていきます。MCでは、プリンセスキャラのayakaちゃんが「嶺脇プリンスのことすきなひと~?」と聞けば、会場からは元気いっぱいに「はーい!」と手が挙がる一幕も。DJを従えて立て続けに披露される“photograph”“プチャヘンザ!”などのライヴでの人気曲に、会場のヴォルテージはアガりっぱなしでした。

ライヴ後のトークでは、社長から「ゆるふわ感がなくなってしっかりしてきたよね。ゆるふわ感が良かったんだけどねぇ」と言われると、「え!? ダメですか?」と詰め寄るメンバーに「え……いや……大丈夫です!」と社長がタジタジになる場面も。ただ、その後のトークでのmeiちゃんの不思議発言連発に「やっぱりゆるふわだわ! っていうか、増してるかも」と前言撤回する社長でした。

 


しず風&絆~kizuna~

 

前半戦最後のグループは、名古屋を拠点に活躍するアイドル・デュオのしず風と、4人組の絆~kizuna~。ディック・デイル“Misirlou”の印象的なギター・イントロで絆~kizuna~の4人が空手の道着を着てステージに現れると、BGMのブラック・アイド・ピーズ“Pump It”に合わせて空手の型を採り入れたキレッきれのダンスを披露。しず風の2人が合流すると、最新シングル“チェッカーフラッグをとめろ”がスタート。今回のTパレ感謝祭でのしず風&絆~kizuna~のテーマは〈初心にかえる〉ということで、久しぶりに“Pump It”からスタートしてみたとのこと。そして、この日のために生バンドで録音してきたという〈I ロック・メドレー〉では、絆~kizuna~の晴子ちゃんが客席に降臨し、しず風が水を口に含んで客席に吹きかけるなど、全力でパフォーマンスする姿に会場も大盛り上がり。〈I ロック・メドレー〉でおなじみの肩を組んでのヘドバンでは、ステージ袖で見ていた豪さんと社長もメンバーに連行(?)されて参加。ラスト“ピンクのロケット”では、メンバー全員が客席に降臨し、前半戦最後にふさわしい渾身のステージを披露してくれました。

 


LinQ

 

休憩を挟んで最初の1組目は、30人超のメンバーで構成された福岡発の大所帯アイドル・ユニット、LinQ。今回は上原あさみ、天野なつ、岸田麻佑、一ノ瀬みく、城崎はるな、桜愛美、杉本ゆさ、高木悠未、原直子、松村くるみ、桃咲まゆ、山木彩乃、姫崎愛未、深瀬智聖、吉川千愛の15人が登場。“なう。”で幕を開けた彼女たちのステージは、広い舞台をめいいっぱい使った、大所帯ならではの魅せ方で圧倒。登場時には、ゆうみんがくちびるのシールをはって登場し、「めんたいこが好き過ぎて、タラコくちびるになっちゃいましたぁー」とおどけるなど、カワイイだけに留まらないMCも魅力の彼女たち。2013年1月30日にT-Paletteから発売されるシングル曲“CHIKU-TAKU”“ゴーイング マイ ウェイ!”も披露され、発売への期待が高まったところで、ラストは緑のペンライトを使ったダンスが印象的な“祭りの夜~君を好きになった日~”。ゆうみんと智聖ちゃんがハッピを纏って登場すると、口を水に含んで客席にかけ、最後はなぜかゆうみんがメンバーに向かって水を吹きかけ、メンバーからブーイングが起こる場面も。

ライヴ後のトークでは、卒業が決まっている総長こと上原あさみちゃんが、豪さんからの「卒業後はなにを?」という問いに「嶺脇社長のお嫁さんにしてもらおうかな?」と答えると、メンバーから「耳真っ赤だよ~」とつっこまれ、嶺脇社長は「僕は顔が真っ赤だと思います」と自ら申告する場面も。

 


Negicco

 

お次は、新潟発の3人組ガールズ・ユニット、Negicco。ワクワク感を煽るようなイントロのあと、ステージに登場した彼女たちが最初に披露したのは今年6月にリリースされたシングル“あなたとPop With You!”。さらにカップリング“トキメクMERMAID”のあとは、Tパレからの記念すべき最初のシングル“GET IT ON!”、そして、ネギを片手に歌った“ねぎねぎROCK ~私もお家に連れてって~”では、客席に投げ入れられたネギを求めて多くの手が挙げられました。MCでは、かえぽことKaedeちゃんが「あの……気になってるんですけど、その、手をずっと上に挙げてるのはどういう意味があるんですか?」と会場に向って質問。確かに、会場には何人かの方が、手をまっすぐ上に挙げて固まっています。すると、Meguちゃんが「ネギまだもらってないよ、って意味じゃない?」と。「予算の都合でネギには数に限りがありますからね」とMeguちゃんが言うと、「車で来たから積めるだけしか持ってきてないしね」とNao☆ちゃんがかぶせて、会場は笑いに包まれました。

 


Negicco

 

その後Meguちゃんが作詞した“アノソラへ”から“ニュートリノ・ラヴ”“Party On the PLANET”と続き、最後はもちろん、TV番組「めちゃ×2イケてるッ!」のエンディング・テーマにもなっている“圧倒的なスタイル”! 恒例となっているラインダンスでは、NHKの番組「Rの法則」ですっかり仲良しになったアップアップガールズ(仮)の森咲樹ちゃんが吉田豪さんと社長に煽られ飛び入り参加! 会場も一体となってのラインダンスは、いつ見ても感動的です。そんなNegiccoは12月24日(月)のクリスマスイヴに、東京・新宿LOFTで行われる〈交フェス!! クリスマスイブin新宿ロフト~アイドルVSロック~〉に参加。こちらのイヴェントにはしず風&絆~kizuna~も出演しますので〈イヴに予定がない!〉と嘆いている方は、ぜひチェックを。

 


バニラビーンズ

 


バニラビーンズ

そして長丁場のTパレ感謝祭、大トリを飾るのは、北欧の風に乗ってやってきた清楚でイノセントな女の子2人組、バニラビーンズ。彼女たちの代表曲“ニコラ”を披露したあとの自己紹介では、「いま一押しのアイドルはNegicco姉さん、しず風&絆~KIZUNA~さん、LinQさん、lyrical schoolさん、アップアップガールズ(仮)さん、そして、ライムベリーさんです!」(レナ)、「趣味はお買い物、よくお買い物するところはタワーレコードです!」(リサ)と隙のないアピール。そして、今年T-Paletteからリリースされた“ノンセクション”“チョコミントフレーバータイム”を披露したあとのMCで振り付けレクチャーがあり、豪さんも嶺脇社長も「最高傑作!」と太鼓判を押すアルバム『バニラビーンズIII』からは“サブカルガールまどか”と、嶺脇社長が「どストライクなんです!」と絶賛する一曲“キラーキュイーン”をラストソングに披露。会場中で行われたポージングは圧巻! 大トリにふさわしい見事なパフォーマンスを披露してくれました。

所属アイドルが全員ステージに登場してサイン入りタオルなどが当たる抽選会が行われたあとは、社長から「今日は長丁場のイヴェントでしたが、最後までありがとうございます。アイドル・ブームといわれていますが、ブームに関係なく続けていきたいと思っています。ただ、それにはみなさんのご協力なくしては無理なので、ぜひこれからもT-Palette Recordsをよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました!」という挨拶で締め括り。最後は、「クリスマスも近いということで、僕からのリクエストで、森高千里さんの“ジン ジン ジングルベル”でお別れしたいと思います」とTパレ・アイドル全員で“ジン ジン ジングルベル”を披露。全員揃ってのパフォーマンスはこれが初。「みんな、嶺脇世代だから知ってるでしょ?」というバニビ・レナちゃんの煽りで、会場全体で合唱となりました。もちろん最後は出演者全員によるハイタッチでお見送り。終始温かいムードに包まれた〈T-Palette Records感謝祭〉は終了しました。

★TOWER RECORDS LIVE INFORMATIONはこちらから

 

〈T-Palette Records 感謝祭2012〉@ 品川ステラボール 2012.12.09 セットリスト
【ライムベリー】
1. RHYMEBERRY IZ NO.1
2. SUPERMCZTOKYO
3. Ich liebe dich(3MC MIX)
4. HEY!BROTHER
5. まず太鼓
6. MAGIC PARTY

【アップアップガールズ(仮)】
1. イチバンガールズ
2. チョッパー☆チョッパー
3. バレバレ I LOVE YOU
4. 夕立ち! スルー・ザ・レインボー
5. サバイバルガールズ
6. UPPER ROCK
7. アッパーカット!

【lyrical school】
1. そりゃ夏だ!
2. tengal6
3. リボンをきゅっと
4. photograph
5. プチャヘンザ!
6. おいでよ

【しず風&絆~KIZUNA~】
1. Pump it    
2. チェッカーフラッグをとめろ
3. パンチドランカー
4. カプセルカプセル
5. I ロックメドレー

【LinQ】
1. なう。
2. for you
3. さよならマーメイド
4. CHIKU-TAKU
5. ゴーイング マイ ウェイ!
6. 祭りの夜~君を好きになった日~

【Negicco】
1. あなたとPop With You!
2. トキメクMERMAID
3. GET IT ON!
4. ねぎねぎRock ~私もお家に連れてって~
5. アノソラヘ
6. ニュートリノ・ラヴ
7. Party On the PLANET
8. 圧倒的なスタイル

【バニラビーンズ】
1. ニコラ
2. ノンセクション
3. チュコミントフレーバータイム
4. サブカルガールまどか
5. 東京は夜の7時
6. キラーキュイーン

【全員】
1. ジン ジン ジングルベル

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP