ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホルモン補充療法HRT 閉経後の性生活が改善する女性の例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 40代、50代といえば、更年期に差し掛かり、精神的、肉体的にもつらい時期。日本人女性の閉経年齢の平均は50.5才。更年期とは閉経の前後各5年のことをいい、ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、物忘れ、さらに不眠、気分の落ち込みや抑うつ感など、人によってさまざまな症状が表れる。

 女性ホルモンを補うことで更年期の症状を和らげるHRT(ホルモン補充療法)という治療法では、口からのむ錠剤、皮膚に貼るパッチ、塗るタイプのジェルの3種類があり、低用量のタイプも登場しているので、自分にあったものを選べるようになっている。

 HRTは更年期症状の根本的な原因である「女性ホルモンの不足」を解消するため、ホットフラッシュや肩こり、腰痛などの身体的症状のほか、気分の落ち込みなどのメンタル症状の改善も期待できるという。

 女性ホルモン治療の第一人者で、日本におけるHRT療法の草分けである東京ウイメンズ・クリニックの新野博子院長(79才)はこう語る。

「HRTを受けると、セックスのときのうるおいも変わります。閉経後のセックスの相談に来院する女性もたくさんいます。膣が乾燥してセックスがうまくいかない、痛くてイヤだけど、夫を拒否したくないということで、HRTを受けられる。ほとんどがうまくいきますね。若いボーイフレンドができて、あちらのほうも断れないからと言って相談にいらっしゃる80近い女性もいるんですよ」(新野さん)

※女性セブン2012年12月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
更年期に性生活を楽しむには女性ホルモン補充療法が有効
更年期 女性ホルモン激減で脳がパニックで不調が表れた状態
更年期障害 抗うつ剤や安定剤処方されることも多いと専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP