ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平を動かした、日ハムの「大逆転交渉術」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドラフト会議前から大リーグ挑戦を表明していた花巻東・大谷翔平は、彼を強行指名した北海道日本ハムファイターズの懸命な交渉により、その考えを改め、今月9日、同球団入りを正式に伝えた。

なぜ大谷の気持ちは動いたのか――。10日、NHK「ニュースウオッチ9」では、「大逆転生んだ交渉術」として、日ハムのゼネラルマネージャ・山田正雄氏にインタビューを行った様子を放送した。

「『大谷翔平君 夢への道しるべ』~日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~」という、50ページにも及ぶ資料を用意し、大谷に提示している日ハム。ここでは、「日本スポーツにおける競技別海外進出傾向」、「世界で戦うための日本人選手の手法」といった幾つもの項目で詳細なデータを紹介、大谷に“日本プロ野球界で経験を積むことこそ、大リーグで成功を掴む近道になる”と提案している。

番組内で山田氏は、「最初は非常に難しいかな、手ごわいかなって感じました。会ったときにも、こちらに目を向けてくれる態度がなかったものですから」と、交渉開始時を振り返ったが、「メジャーに行くという夢を潰しているわけじゃなくて、あと何年か先で夢は叶えられる。我々のチームなら、それが可能」と説明し、「こちらから色んなことを説明していけば、18歳の少年の考えることを覆せるのではないかと思ったわけです」と語った。

その他にも、卓球やサッカーといった他の競技における海外挑戦時と比べたデータや、高校卒業後、すぐ大リーグに挑戦した韓国選手の9割以上が活躍できず、その一方で、日本のプロ野球からMLB挑戦を試み、成功した選手は7割以上にのぼるといったデータを出し、18歳の心を動かした日ハム。大谷の入団が、大リーグ挑戦を前提としていることについて、批判の声も見られるが、山田氏は「今いる選手を伸ばそうと。そういう気持ちがあって、いる選手を使っている」といった指針を語っている。

?N???G?C?e?B?u?E?R?????Y

(http://news.livedoor.com/article/detail/7221734/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。