ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

聖夜のデートを盛り上げる!“水辺イルミネーション”でちょっと大人なクリスマス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐクリスマス本番。今年は思い出に残るようなデートがしたいけど、デート場所がまだ決まらない……という人は、ぜひ、水辺のイルミネーションスポットへ。近ごろ目黒川や東京スカイツリーなど新しいスポットが登場し、注目が集まっています。水面に無数の光がゆれながら映し出される景色は、近くで見るのはもちろん、遠くから見てもキレイ。ぶらぶらと歩きながら「ふたりだけ」のベストスポットを見つけてみて!

目黒川をあたたかく照らすエコな“夜桜”目黒川みんなのイルミネーション「冬の桜(R)」


(C)目黒川みんなのイルミネーション実行委員会
今の時期、目黒川のほとりには季節はずれの桜が満開に。といっても、それは桜並木に飾られた約213,200球の桜色LEDが織り成す「冬の桜(R)」。しかも、使われる電気はエネルギーの100%地産地消を目指し、周辺エリアから集めた使用済み食用油を燃料にバイオディーゼルで電気を作るという、エコなしくみで生まれているとか! 地球に優しいイルミネーションに包まれ、何だか心もほっこり。近くの広場には出店が並び、ドリンクやフードを楽しめます。それらをお供に“夜桜”ロードを歩けば、彼との距離もぐっと近づくはず。
※出店は12/22(土)~24(月)限定

目黒川みんなのイルミネーション2012
開催期間:~12/25(火)、2013年2/9日(土)~11(月)
点灯時間:17:00~22:00
場所:品川区立五反田ふれあい水辺広場、目黒川沿道
アクセス:JR大崎駅から徒歩6分

水面に映る神秘的な“光の樹”に癒される毛利庭園「樹氷の杜(もり)」


六本木ヒルズといえば、けやき坂をはじめ、人気のイルミネーションスポットのひとつ。四季折々の自然に触れられる癒しの空間、毛利庭園には、「時の結晶-Time of Crystal-」をテーマに池の上に“光の樹”が登場。15分ごとに4分間ずつライティングの色が変わります。透明感のある光の樹が次々と表情を変えながら水面に映しだされるのは何とも神秘的。聖なる夜に、ゆっくりと“光の庭”を散策してみては。

まばゆい光に彩られる、六本木ヒルズのけやき坂イルミネーション。点灯時間と開催期間は毛利庭園と同じ。

毛利庭園イルミネーション
開催期間:~12/25(火)
点灯時間:17:00~23:00
場所:毛利庭園
アクセス:東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩3分、都営大江戸線六本木駅 から徒歩6分

夜空に輝く、世界一のクリスマスツリー東京スカイツリータウン(R)ウィンターフェスティバルライトアート・エンターテインメント2012

 (C)TOKYO-SKYTREE           (C)TOKYO-SKYTREETOWN
今年、初めてのクリスマスを迎える東京スカイツリー(R)。最寄りの押上駅・とうきょうスカイツリー駅からそれぞれ続いている「光階段」を抜けると、目の前には“世界一高いクリスマスツリー”が! もみの木の緑色とシャンパンゴールドの光に包まれる「シャンパンツリー」をはじめ、蝋燭の火をイメージした「キャンドルツリー」など5種類のライトアップが特別な夜を盛り上げてくれます。隅田川沿いから水面に映るツリーを堪能してから“足元”をゆっくりと見てまわるのがおすすめ。東京ソラマチ(R)には本場ドイツのヒュッテ(屋台)が立ち並び、ムード満点の夜が過ごせそう!

Tokyo Skytree(R)Dream Christmas 2012
~世界一のクリスマスツリーからのおくりもの☆~

開催期間:~12/25(火)
点灯時間:~12/15(土)16:45~23:00、12/16(日)~25(火)17:00~23:00
場所:東京スカイツリー
アクセス:各線押上駅すぐ、東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅すぐ

ロマンチックな気分に浸れる海辺のフォトスポットアクアシティお台場「AQUA CHRISTMAS」


湾岸の夜景を一望できるアクアシティお台場には、この時期、素敵なフォトスポットがいくつも登場。カップルが手をつなぐと音と光の演出が始まる「2人で灯すAqua Love Bright」を楽しんだら、屋上に設置された半個室風のドーム型ベンチ「恋人たちの特等席 Aqua Love Chair」へ。イルミネーションの“中”に入ってひと息つくことができます。ふたりで東京湾の夜景を眺めれば、ロマンチックな雰囲気に浸れる。ほかにも限定の花火やONE PIECEにちなんだイルミネーションなど、見どころ盛りだくさんです。
※花火は12/15(土)、22(土)の19時~(10分間)を予定

AQUA CHRISTMAS 2012
開催期間:~12/25(火)
点灯時間:Aqua Love Bright 11:00~23:00 Aqua Love Chair 16:00~23:00(館内イルミネーションについてはHP参照)
場所:アクアシティお台場
アクセス:ゆりかもめ台場駅から徒歩1分

あたたかい光がちりばめられた、シックな大人の空間新宿パークタワー 冬のイルミネーション


地上52階建ての高層ビル、新宿パークタワーは、「パーク ハイアット 東京」を擁し、映画のロケ地としても有名な場所。新宿の喧騒を離れ、このエリアに足を一歩踏み入れれば、そこは噴水の音だけが響く静かな空間。木々や噴水にちりばめられたあたたかみのあるやさしい光や、噴水池の水面に映る景色が大人のムードを演出します。また、噴水広場から地下へと続く「告白の階段」は隠れた人気スポット。ここでプロポーズするとうまくいくとの噂も……。勇気がある人は、ぜひお試しあれ!

新宿パークタワー 冬のイルミネーション
開催期間:~2/14(木)
点灯時間:16:00~24:00
場所:新宿パークタワー
アクセス:JR新宿駅南口から徒歩12分

宝石のようなイルミネーションオブジェたち東京ドームシティ LOVE イルミネーション


都心の一大レジャースポットである東京ドームシティ。ラクーアエリアの「ぬくもりラブエリア」でとりわけ美しさを放つのは、プールに浮かんだ丸い光の「ルミナスドロップ」。水面に映る宝石のような姿は、高いところから見下ろすと夜空に浮かぶ星のよう。見ているだけで癒されます。

直径12mの「ギャラクシードーム」は、ふたりが手をつなぐとセンサーが感知し、屋根がキラキラと7色に輝きます。各エリアのオブジェをめぐるだけで時間が経つのを忘れてしまう、魅惑のスポットです。

東京ドームシティ LOVE イルミネーション
開催期間:~2/17(日)
点灯時間:17:00~25:00 (場所により異なる)
場所:東京ドームシティ
アクセス:JR水道橋駅から徒歩2分

夜景をバックに虹色の光に包まれるツリーデックス東京ビーチ「第17回台場メモリアルツリー」


お台場の冬の風物詩といえば、樹齢約100年のタブノキを使った、生木のツリーとしては都内最大級の「台場メモリアルツリー」。今年は大切な人との未来を表した“虹色のイルミネーション”をテーマに、約20万球のLEDクラスターが繊細に変化します。青、紫、黄、ピンクなどの光がメリーゴーラウンドのようにクリスマスツリーをくるくると回転する様子に、思わずうっとり。ハート型オブジェの前では、レインボーブリッジなどを背景にクリスマスツリーとのベストショットが撮影できます。贅沢な夜景とともに、きっと忘れられない夜になるはず。

第17回台場メモリアルツリー
開催期間:キラキラWinter ver.~1/31(木)、バレンタイン・ホワイトデーver. 2/14(木)~3/14(木)
点灯時間:17:00~24:00(12/31は~29:00)
場所:お台場海浜公園
アクセス:ゆりかもめお台場海浜公園駅から徒歩2分

清らかな噴水のイルミネーション国営昭和記念公園「カナールと大噴水のライトアップ」


毎年約20万人が訪れる昭和記念公園のクリスマスイルミネーション。定番の人気スポットは約400mも続く「カナールと大噴水のライトアップ」。公園のシンボル的存在の大噴水と4つの噴水を水路で結ぶカナール(水路)。その中で噴水がまるで光のシャワーのようにきらめきながら降り注ぎます。イチョウ並木で作られた光のトンネルのほか、今年の見どころ「アイスチューリップ(2万本)のライトアップ」では、花と光のコラボレーションが楽しめます。約300発上げられる華やかな花火イベントで、お祭り気分をめいっぱい味わって!
※花火は12月23日、24日の20:10~(約5分)を予定

Winter Vista Illumination 2012
開催期間:~12/25(火)
点灯時間:17:00~21:00 (入園は~20:50まで)
場所:国立昭和記念公園(立川口周辺~ふれあい広場)
アクセス:JR立川駅から徒歩15分

光と自然の風景が溶け合った“水辺イルミネーション”は、しっとりとした美しさで心を癒してくれます。そのきらめきは、聖夜のデートを特別なものにしてくれるはず!

<text:Namiko Fukushima>

(http://news.livedoor.com/article/detail/7208347/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP