ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2012年12月10日~12月16日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今週の1位
タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年12月10日~12月16日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:水瓶座

前途に希望が見え始めこれまで精神的に負担だったことから解放される兆しです。方針が決まったらあとは合理的に物事を進めましょう。ただし攻撃的な態度や感情に任せた失言には気をつけて。旅行や贈り物にツキがあるので早めにクリスマスプレゼントを選んでも吉。

第2位:牡牛座

他者との対話が成功の鍵となるでしょう。耳の痛い意見も疎かにしないことが肝要。一方に偏らずバランスの良い公正な判断ができると高評価が得られる兆し。また過去に諦めたことや中途半端なまま放置してきたことに改めて着手するチャンスが訪れるかもしれません。

第3位:蠍座

友人や仲間あるいは同僚などとの対人運が好調。いっしょに過ごす時間が増えるほど理解が深まりきずなも強くなっていくようです。共通の問題点について話し合うと解決へのヒントが見えてくるかもしれません。家族との間にはトラブルの兆し。失言にはくれぐれも注意。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/277740 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡羊座
多少の困難が予想される週ですが運気は好調。投げやりにならず自力で乗り越えることで大きな成長と満足を得られるでしょう。ささいなことに目くじらを立てず心穏やかに過ごすのが幸運の鍵。相手の身になって考えること。また男性からの親切は素直に受け入れて吉。

第5位:魚座
過去の失敗や後悔にとらわれて前に進めなくなるかもしれません。しかしそれを克服することによってこれまで以上に強い自分を手にすることができるでしょう。あなたが頑張ったぶんだけの見返りが得られるときです。このチャンスを逃さずぜひ行動を起こしてください。

第6位:乙女座
主にプライベートの方面において世界を広げる機会が訪れるようです。不安はあって当たり前。あまり夢見がちなことは考えずできるだけいつもどおり慎重に一歩ずつ踏み出していくよう心がけましょう。ただし慎重になり過ぎてチャンスを逃さないよう注意が必要です。

第7位:蟹座
自分の知識や技術あるいは実力のなさなどから自信喪失してしまうような出来事が起こるかもしれません。落ち込むことで終わるのではなく向上心に切り替えましょう。幸い周囲にはあなたを導いてくれる人もいるようです。いろいろな人たちから吸収する貪欲さを大切に。

第8位:射手座
運気は好調なのですが恋愛運だけが低調気味。必要以上におもねたり上から目線になったりせず対等な立場であろうと心がけることが大切。また面倒をすぐに諦めたり投げ出すのも禁物。ゲーム感覚で楽しむくらいの余裕を持って。相談事は家族など身近な人にすると吉。

第9位:双子座
先行きについての不安が大きくなる兆し。自分のなかの指針をしっかりと定めることが今後の運気を左右するポイントとなるでしょう。また上司や同じ道の先輩などに相談してみるのも吉。固定概念にしばられることのない自由な発想が現状打破の決め手となりそうです。

第10位:天秤座
忍耐力を試されるような週になるかもしれません。しかし今ここで培われた力は後に必ずあなたの助けとなるはずです。最初から周囲の人たちの力をアテにするのではなくまずは自力で乗り越えようとすることで自然とあなたに手を差し伸べる人たちが出てくるでしょう。

第11位:獅子座
強引に突破しようとするような燃えるものが内面から湧き上がるときですが今は慎重に状況を見極めたほうが良いようです。あなたが自分本位なやり方を貫こうとすれば周囲との溝が深まっていくでしょう。感性が鋭くなっているときなのでアートなどにツキがありそう。

第12位:山羊座
不安に思っていたことがいよいよ現実のものとなるかもしれません。事前にできる準備はできるだけしておくことで自信喪失や意欲喪失を少しでも軽減させましょう。また金銭運に危険信号点滅。無駄遣いはくれぐれも控えるように。特にカードでの買い物には注意です。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。