ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 4のワイヤレス充電機能をサンワサプライ製Qi準拠のワイヤレス充電スタンド「WLC-STN11BK」で試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus 4はケーブル接続不要でバッテリーの充電が可能なワイヤレス充電機能を備えているものの、国内キャリアから発売されている機種のように、専用の充電器は製品に同梱されていないので、機能を利用することはできませんが、WPCが策定したワイヤレス充電の規格「Qi(チー)」に準拠しており、家電量販店やネットショップで販売されているQi準拠の充電器を用意すれば利用できます。今回は、国内で5,000円前後で販売されているサンワサプライのQi準拠のワイヤレス充電スタンド「WLC-STN11BK」(ブラック)で充電できるかどうか試してみました。Qi準拠なので当然のことながら、Nexus 4のバッテリーは充電可能でした。「WLC-STN11BK」は次の写真のようなスタンド型の充電器で、「qi」のロゴの部分にNexus 4の背をあてるように置くだけで設置完了。充電はすぐさま開始されました。スタンド型なので、充電しながらNexus 4を操作することも容易に行うことができます。もちろん、横向きでの充電も可能ですが、Nexus 4の場合は、中心から右側に2,3cmほどずらさないと反応しませんでした。 Nexus 4のバッテリー残量が28%から80%になるまでの時間は約1時間20分。フル充電には3時間弱かかりますが、パソコンのUSB充電とさほど差が無い感じです。Source : サンワサプライ



(juggly.cn)記事関連リンク
YouTubeのスマートフォンサイトのUIが刷新
Xperia Eの欧州価格は€159前後(約17,000円)、Xperia E dualは€169前後(18,000円)
EAがAndroidゲームの100円セールを実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP