ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最強スマホGALAXYシリーズ! 高性能スマホの代名詞!GALAXYシリーズネタまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホでハイパフォーマンスで人気のモデルと言えばGALAXYシリーズだろう。世界的にみると“最強スマホ”の呼び名を欲しいままにしてきたGALAXYシリーズだが、日本国内特有の事情であるおサイフケータイに対応していなかったりと、そこがネックになり購入をためらっていた人もいたかもしれない。しかし、最新のGALAXYシリーズは、ワンセグやおサイフケータイにも対応し、日本固有の事情を心配する必要がなくなった。そこでITライフハックで紹介してきたGALAXY系関連の記事をまとめてみたので参考にしてほしい。

さらにできるようになったS III! クアッドコア化したGALAXY S III αはやっぱり速かった
先日から「いままで敬遠していたスマホと分かり合う」をテーマにサムスン電子の名機“GALAXY”シリーズを触ってきており、これまで「GALAXY S III SC-06D」と「GALAXY Note II SC-02E」のレビューをお届けしてきたのだが、スリムで軽量、そしてパワフルなGALAXYシリーズは、使い続けて行くことで、その良さが身に沁みこんでいくように、じわじわと馴染んでくるのがわかるほどだ。今日は、ドコモの最新モデルの中でも最強の呼び声高い「GALAXY S III α SC-03E」(以下、S III α)の発売日である。実は事前に実機を貸し出してもらって、散々にいじり倒させていただいているのだ。GALAXY S III SC-06D(以下、S III)を長期使わせてもらって、まったく問題なくサクサク快適なのに、これ以上何が必要だというのか? という点についてチェックしてみた。

Noteを体験せずしてGALAXYを語るべからず! 「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を使ってさらに幸せになってみた
サムスン電子製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY S III SC-06D」と先日から付き合い始めてはや約2週間、いっぱしのGALAXY使いを気取っていたら「GALAXY S IIIをたかだか2週間くらいいじった程度でGALAXYをわかった気になるんじゃねーよ」と“天の声”が・・・。まだまだ、GALAXYを理解するには、ほど遠いらしい。「GALAXYにはNoteという、デカいやつがいる。しかも最近バージョンアップした。それと分かり合って来い」という天の声と同時に「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」(以下、GALAXY Note II)がバイク便で送られてきた。

テレビの大画面でGALAXY!ビジネスもプライベートもOKのGALAXY S3用ビデオ出力ケーブル【イケショップのレア物】
GALAXY SIIIシリーズは、今やNTT ドコモのSIIIαだけでなくauからもGalaxy SIII Progre SCL21が登場し、スマートフォンを代表する人気機種でもある。コンパクトな本体に最新技術を凝縮しただけではなく、高い技をユーザーの操作向上にいかした抜群の使い易さが大きな魅力になっている。またドコモではXi(クロッシー)、auではau- LTEといった100Mbpsに迫る高速通信とオサイフケータイ機能やワンセグまでも搭載しており、最高レベルのサービスを利用できるスマホと言っても過言ではないだろう。

発売日に入手成功! 全部入りで、より高速に魅力を高めた「GALAXY Note II SC-02E」開封レポ
ドコモの高性能スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」が11月16日に発売された。「GALAXY Note II SC-02E」は、大画面5.5インチ有機ELディスプレイと1.6GHzクアッドコアCPUを搭載し、ダイレクトに思いのままに操作できる革新的なUIと進化したSペン機能を搭載するなど、機能的な面でも魅力のある端末だ。さらに、前モデル「GALAXY Note SC-05D」では省かれていた「おサイフケータイ」の機能がついたので、購入を検討している人もいるだろう。筆者はこの機能搭載によって購入を決意した。かなりの人気だったようで入手できるか心配だったが、発売日当日となる昨日、運良く入手することができたので、開封レポートをお届けしよう。ちなみに購入は、筆者の自腹である点をお断りしておく。

S3使いのアナタへ! ベルトクリップ付レザーケース for Galaxy SIII【イケショップのレア物】
最強スマートフォンと言われるGalaxy SIII。今やNTT ドコモのSIIIαだけでなくauからもGalaxy SIII Progre SCL21が登場することになり、人気と実力の高さがうかがえる。Galaxy SIIIの魅力は、コンパクトな本体に凝縮された最新技術による性能だ。ドコモではXi、auではau- LTEに対応と高速通信に加え、オサイフケータイ機能やワンセグまで搭載し、ジェスチャーによるインテリジェントな操作性で高機能と使いやすさで、まさにもっとも完成されたスマートフォンとも呼べるだろう。

世界最大級の有機ELで快適すぎるワンセグ・NOTTV動画!GALAXY Tab Plus SC-01E -2012秋モデル-【最新タブレット指南】
2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。特に7インチを中心に10インチ以下のタブレットは、薄さと軽さを追求したモデルとなっており、魅力ある製品が増えてきた。そこで、当ブログメディアITライフハックで、充実度が著しい7インチから10インチ未満の最新小型タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。
是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。第三回の機種は、今年10月~11月に発売が予定されているGALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eを紹介しよう。

Galaxy Noteでポタリング!ケース型 自転車用モバイルホルダー for Galaxy Note【イケショップのレア物】
以前に紹介したGALAXY Note向けの防水ケースを購入した知人から連絡が来た。いわく「アームバンドを使い自転車でポタリングしているときに腕に付けられるのはいいが、どうせなら自転車のハンドルに付けて走行中に地図等を表示させたい」というのである。確かにあの防水ケースは、海や山、川、プールサイド等で使用するには最適だった。首にかけるストラップに加えて自転車やランニング時に腕に装着しておけるアームバンドが付属しており、それで十分に事足りると思っていたのだが……。

GALAXY Noteをアウトドアでバリバリ使える! GALAXY Note防水ケース【イケショップのレア物】
スマートフォンとしては大柄なサイズながら、街中や電車内なども利用者を見かけるほど人気を集めているのが、5.3インチ液晶を搭載した「GALAXY Note」だ。大画面でビジネス文書もWebページも見やすいにもかかわらず胸ポケットにも収まるほど薄く、もちろん電話としても十分に使える。さらにスマートフォン中最大のバッテリー容量2500mAhも大きな魅力である。実際に使って見ると、移動中でもビジネス文書や電子書籍を読めたり、TwitterやFacebookに投稿したりできるなど、5.3インチの実用性は非常に高い。さらにドコモ購入価格に対して月々の利用料を割り引く「月々サポート」を増額した結果、GALAXY Note SC-05Dの実質負担金額が0円(条件によっては異なる)となったことで、さらにGALAXY Noteユーザーは増えてきそうだ。そんなGALAXY Noteの数少ない弱点が、おサイフ機能と防水機能の非対応だ。例えば台風やゲリラ豪雨の中で使うことは無理だし、お風呂での利用やプールや海で水没させてしまったら即アウトだ。2012年は猛暑のせいで、まだまだゲリラ豪雨も多そうだし、台風シーズンはこれからだ。まだまだ海や山、川やプール、キャンプといったアウトドアを満喫する季節でもあり、GALAXY Noteをアウトドアでも利用したい人も多いだろう。GALAXY Noteを水没事故から守り、アウトドアを満喫したいなら、「Waterproof Armband Bag for GalaxyNote」がオススメだ。

フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】
2012年今夏の最強スマートフォンとの呼び声を欲しいままにしているのがドコモのGALAXY SIIIだ。4.8インチ液晶サイズでHD解像度の720×1280ドット、有機ELディスプレイを搭載していながら持ちやすい丸みを帯びたデザインによって、男女を問わず使いやすいスマートさだ。

SAMSUNG mobile
Samsung Mobile Japan(Facebook)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

クラウド使いこなし術 自宅クラウド化で容量制限を突破!プライベートクラウドのススメ
これで作曲家になれる!「Band-in-a-Box 20」で本格的な作曲に挑戦
iPhone 5をmicroUSB対応に! バッテリー内蔵iPhone5専用カバー登場

(http://news.livedoor.com/article/detail/7215976/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP