体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラウド使いこなし術 自宅クラウド化で容量制限を突破プライベートクラウドのススメ

既成のサービスを徹底活用して便利生活を送るのがライフハックの基本だ。しかし、さらに深く他人と差を付けるのであれば「皆が知っていることとちょっとだけ違うこと」を知っているかどうかがポイントになってくる。既存サービス以外にも目を向けることで便利な環境を構築できる方法がある。そんなテクニックを教えてくれるのが【ハイテク家電で新生活】である。今回は、クラウド利用をプライベート環境で構築する方法を集めてみたので参考にしてほしい。

家族でファイルを安全に共有!無線LANルーターで実現するプライベートクラウド環境
クラウド使いこなし術 自宅クラウド化で容量制限を突破プライベートクラウドのススメ今回試してみたのが、アイ・オー・データ機器の無線LANルーター「WN-AG450DGRシリーズ」だ。本製品は、USB機器を接続して使える無線LANルーターだが、手持ちのUSB接続のハードディスク(HDD)を繋げることで、複数のユーザーがアクセスできるパーソナルクラウドとしても利用ができるのだ。

家族のアカウントをコレひとつで管理!Dropboxと連携できるLAN接続ハードディスク
クラウド使いこなし術 自宅クラウド化で容量制限を突破プライベートクラウドのススメDropboxをもっと、仕事仲間や家族間で有効に使いたいという人にお勧めなのが、アイ・オー・データ機器の高速LAN 接続型ハードディスク「HDL-Aシリーズ」だ。このハードディスクは、バックアップ機能が利用できるだけでなく、複数のDropboxアカウントを共有できるという優れものなのだ。

家族の写真はポータブルクラウドで管理!スマホと繋がる無線ハードディスク
クラウド使いこなし術 自宅クラウド化で容量制限を突破プライベートクラウドのススメ最近では、写真データはクラウドではなく、あらためてローカルのHDDで保管という人も増えているわけだが、せっかく撮影した写真なので、家族で共有したいという人も多いだろう。そんな願いを叶えてくれるのが、アイ・オー・データ機器のWiFiハードディスクだ。

外出先で録りためたビデオを見る!クラウドの動画ライブラリを作ろう
クラウド使いこなし術 自宅クラウド化で容量制限を突破プライベートクラウドのススメいつものようにアイ・オー・データ機器のサイトで調べてみたところ、USB接続でフルHDにも対応し、H.264ハードウェアエンコーダ搭載ビデオキャプチャー「GV-D4HVR」なる新製品を見つけた。本製品があれば、録画した番組のファイルサイズをクラウドでも利用できるサイズに小さくできる。ハードウェアエンコーダなので、非力なPCでもコマ落ちが少ない安定した長時間録画ができる。

クラウドより便利で速い!安全!大容量!デュアルHDDで大事なデータを守る必殺技
クラウド使いこなし術 自宅クラウド化で容量制限を突破プライベートクラウドのススメ「HDL2-Aシリーズ」があれば、安全なパーソナルクラウド環境を簡単に構築することができる。ネットワーク環境に対応しているので、PCデータのバックアップも手軽にできるうえに、テレビで録画した番組のダビング先として利用する事や、ブルーレイレコーダーへのムーブにも対応している。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。