ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胃がんの宮迫博之 鬼嫁もショック受け「物が喉を通らへん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月上旬に受けた人間ドックで異常が見つかり、精密検査を行った結果、胃がんであることが判明したというお笑い芸人の宮迫博之(42才)。そんな宮迫には、1996年に結婚した妻・A子さん(43才)と小学6年生の長男(11才)がいる。

 A子さんは、宮迫が「いつも折檻されている」とネタにするほどの“鬼嫁”として知られるが、夫の病気を知らされてからは、ショックを隠しきれない様子だという。

 義父が、宮迫の病気の一報を受け、奥さんと一緒に東京に駆けつけたときのこと。

「数日が経って、ある程度落ち着いたので嫁と一緒に一度、大阪に帰ろうってことになったんやけど、娘(A子さん)が“おってくれぇ。おってくれぇ…”って言うもんやから、嫁だけは東京に残してきたんです」(義父)

 思いも寄らぬ夫のがん発症に打ちひしがれ、家事も満足にできない状態にあるというA子さん。現在、宮迫の義母、すなわちA子さんの実母が長男の面倒や家事も引き受けているという。

「A子は気落ちしてしまって…。普段、あいつはよく飯食いよるんやけど、今は物が喉を通らへんみたいで、嫁が“なんか考え込んでしまって、ご飯も食べよらへんねん…”って心配して電話してくるんです」(前出・義父)

 宮迫は、今まで一度も見たことのない妻の憔悴ぶりを目の当たりにし、これは自分が腹をすえて、病気と立ち向かうしかないと覚悟をしたようだ。義父がこう続ける。

「逆に宮ちゃんは元気いっぱいで、ご飯はいっぱい食べてるみたいやし、明るい調子で“ほな行ってきまーす!”って…。どこが悪いんやろうと思うくらいやねん。本当はつらいんやろうけど、家族の前では絶対にそんな表情は見せへんのや」(前出・義父)

 また長男にがんのことを告げたのも宮迫自身だったという。病気発覚当初は、長男に知らせるつもりはなかったというが…。

「宮ちゃんは、心配させるから言うて、最後の最後まで伝えるのを悩んでいたんやけど、報道が出るとなって…。それで知るよりはと、自分の口から伝えたいと思ったんやろうね。告げられた孫は、それはショボンとして、今まで見たことないような寂しそうな顔やったって…」(前出・義父)

※女性セブン2012年12月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮迫の義父「1か月前に胃がんと聞いた。内視鏡手術の予定」
宮迫博之 発見が半年遅かったら「どうなってたかわからん」
高齢男性 計画停電になると「電気つけろー!」と怒鳴る

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP