ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリの一覧がスムーズにできるAndroid 4.0以上向けホームアプリ「Action Launcher」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.0以上を搭載した端末を対象にした新しいサードパーティ製のホームアプリ「Action Luncher」がリリースされました。人気のTwitterクライアント「Tweet Lane」の作者 Chris Lacyさん作成のもので、有料($3.99)で販売されています。対応機種はAndroid 4.0以上を搭載した端末。Action Launcherでは、従来のホームアプリに見られるドロワーボタンを排除したデザインが採用されており、ホーム画面を右側にスライドさせるとアプリがリスト表示されるところが大きな特徴です。Google+やYouTubeのAndroidアプリと似た操作感で利用できるので、アプリの一覧をよりスムーズに行うことができます。また、ウィジェットやショートカットをホーム画面に追加する際も、アプリドロワーを開かなくても、標準ホームアプリのようにプレビュー可能なメニューから追加アイテムを選択できるとことも特徴です。ホーム画面を長押しするとタブ表示の追加メニューが表示されるので、内容を確かめて追加することができます。リリースバージョンでは、ホーム画面の枚数を変更すること、アクションバーやアプリ一覧の背景を透過表示すること、ドックバーとホーム画面の境界線やページインジケーターを表示/非表示にできるなどのビジュアルの変更も可能になっています。「Action Launcher」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy S III向けに”Premium Suite”アップデートの提供を発表、新機能紹介動画も公開
Sony Mobile、Box.netの50GBストレージを無料で提供するXperiaユーザ向けキャンペーンの実施期間を2013年12月31日にまで延長
サンワサプライから縦向き・横向き対応のNexus 7用スタンドケースが発売、価格は1,480円

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP