体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入力環境を快適化 iPad mini用レザーケース付きBluetoothキーボード【イケショップのレア物】

11月初にWi-Fi版、月末にセルラー版のiPad miniが発売されたこともあり、iOSを搭載するガジェットの人気は一層高まっているようだ。特にiPad miniはAppleのWi-Fi版に加え、ソフトバンクとauのセルラー版も発売、早くも人気機種となっており、すでに相当の台数が販売されている模様だ。

iPadより小型になったとはいえiPad miniは電子書籍からインターネット利用まで、幅広く利用できる端末だ。ディスプレイサイズは約7.9インチと、上位機種のiPadの約9.7インチと比べて非常にコンパクトに作られており、持ち運びやすいサイズとなっている。

iPadと比べればコンパクトなiPad miniだが、7インチクラスが主流のAndroidタブレットと比較すれば7.9インチのiPad miniは8インチタブレットと呼んだほうが、しっくりくるサイズでもある。

また、初代機種で低価格化を実現するために解像度が1024×768ドットとHD解像度やRetinaディスプレイではない点は、やや残念なとことろだ。このあたりは次世代機種に期待したい。

解像度が低いことで、困るのは文字表示や文字入力だろう。iPad mniでは文字を大きめの表示することで、視認性の対策が施されているのでかえって見やすいという話もあり評価が分かれるところだが、問題は文字入力のほうだ。iOS標準アプリでソフトウェアキーボードを使うのは特に問題ないが、iPhone互換アプリなどでは、ソフトウェアキーボードが画面の半分近くと大きなスペースを占有してしまい、長文などは入力しにくいケースもある。

アプリ側でiPad miniに最適化がすすめば、いずれ解消するかもしれないが、それを待っているのも芸がない。また7.9インチの大画面を使って、長文の文字入力も快適にしたいと思う人は多いだろう。そこで、iPad miniでも長文入力時は、ソフトウェアキーボードでなく、ハードキーボードを使える環境を用意するというのはどうだろう?

今回紹介する「Bluetoothキーボード付き レザーケース for iPad mini」は、iPad miniにぴったりサイズのキーボードとケースがドッキングしたアイテムなのだ。

■スタンド機能付きPUレザーケースとBluetoothキーボードのセット
この製品は、iPad mini用のPUレザーケースとBluetoothキーボードがセットになっている。持ち運ぶことが前提のiPad miniなのでケースは必需品だ。このケースに一体化したようにキーボードが付いているように見えるが、実際には分離できる構造になっている。カバーはスタンドにもなる構造になっており、iPad miniを横にしてある程度の角度を付けて固定可能だ。キーボードは取り外せるので自分の打ちやすい位置に置き、iPad mini も見やすい位置に置くといったこともできる。もちろんキーボードを使う予定がない場合は、取り外してiPad miniだけ持ち出すということも可能だ。

入力環境を快適化 iPad mini用レザーケース付きBluetoothキーボード【イケショップのレア物】キーボードは取り外すことができるようになっている。 入力環境を快適化 iPad mini用レザーケース付きBluetoothキーボード【イケショップのレア物】PUレザーのケース表面、システム手帳ライクに見える。 入力環境を快適化 iPad mini用レザーケース付きBluetoothキーボード【イケショップのレア物】スタンド機能の部分(ケース背面)、カメラ用の穴も開けられている。 入力環境を快適化 iPad mini用レザーケース付きBluetoothキーボード【イケショップのレア物】このようにスタンドを立ててiPad miniを斜めに固定できる。 入力環境を快適化 iPad mini用レザーケース付きBluetoothキーボード【イケショップのレア物】スタンド部分はぐらつかないようになっている(こちらはホワイトモデル)
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。