ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S IVは手で曲げても割れないAMOLEDパネルを採用し、早ければ2013年4月に発売されるというウワサ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Samsungの次期フラッグシップ『Galaxy S IV』が早ければ2013年4月に発売されると『Reuters』がアナリストらの情報を基にその予測を伝えています。

記事によると、『Galaxy S IV』では、『YOUM』というブランド名で知られるフレキシブルなAMOLEDパネルが採用されているそうです。このパネルは既存のAMOLEDパネルと比較して、ガラス素材を使用していた部分を特殊なプラスチック素材のフィルムに変わったことで、全体の厚みが減少し、手で曲げても割れないようになっているそうです。

これまで伝えられてきた『Galaxy S IV』に関する情報をまとめると、製品は“J”プロジェクトの下で開発が進められており、4.99インチ1920×1080ピクセル(440ppi)のAMOLEDパネルを搭載。プロセッサはbig.LITTLE構成を採用した新開発の『Exynos』で、メインカメラは1300万画素にアップグレードされています。『MWC 2013』で発表されるとの報道もありましたが、それについては、Samsungが否定しました。
Source : Reuters



(juggly.cn)記事関連リンク
ピクセラ、モバイルバッテリーとしても使えるAndroid/iOS端末向けポータブル無線LANストレージ「StationDrive」を発表、2013年1月中旬発売
Sony MobileがXperiaスマートフォン向けのROM焼きツール(Emma)を公開、カスタムROMから公式ROMに戻すことが容易に
Android向け「グランド・セフト・オート・バイスシティ10周年記念版」がリリース、価格は409円

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP